2012年エプソムC重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2012年エプソムC成績はこちら

⇒ 2012年エプソムCレース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2012年エプソムC全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2012年エプソムC.gif

結果3.gif

内の荒れた馬場を嫌って各馬が内を大きく開けて走ったが、ペースが流れたこともあって馬群が縦長になってコーナーを回ったので、コーナーで外を回す距離ロスはそれほど大きくならなかった。こういうレースは地力が問われるレースになることが多く、このレースも地力勝負になった。

ちなみに、内の荒れた馬場を嫌って各馬が内を大きく開けて走るレースで、スローペースになって団子でコーナーを回った場合は、コーナーで外を回す距離ロスがハンパなく大きくなり、馬群の内を回した先行馬が上位になるケースが多くなる。

結果4.gif

3枠6番トーセンレーヴ「地力馬」
雨でノメるような馬場とか滑るような馬場は合わないけど、重い馬場自体は大丈夫。クビを下げる走法で東京は得意。

7枠14番ダノンシャーク「地力馬」
5着以内でEを回したのはこの馬だけ。距離ロスがあった分の負けで、決して力負けではない。

結果5

3着のマイネルスターリーは、内の荒れた馬場を嫌って各馬が内を大きく開けて走った中、この馬は元々重い馬場が得意で荒れ馬場も何のその、最内を距離ロスなく走ってリードを奪って最後まで粘り通しました。
他馬と同じように外を回していたらこの着順で入線できたとは思えず、3着でも「地力馬」にはしませんでした。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)