2012年優駿牝馬(オークス)重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的に注目している「逆馬」「地力馬」をピックアップします。

予想1.gif

2枠4番オメガハートランド「個人的注目馬」

桜花賞(3歳牝馬G1):12着/0.7/15-17/SS/B/中

レースコメント:最後の直線は外の方が伸び、コーナーも最内「A」を回すと厳しかった。そして、ペースもソコソコ流れて差し馬が台頭した。このことからこのレースのレースタイプを「SS」としたが、そこまで極端な外差し優勢ではなくって、若干外差し優勢で、コーナーで「A」最後の直線で「最」「内」を走った馬にとっては厳しいレースだったという評価。

チェックコメント:ほぼ最後方で4コーナーを曲がり終えて直線を向き、最後の直線は外から勝ったジェンティルドンナの通ったラインで差そうとするも、トーセンベニザクラ→メイショウスザンナ→サウンドオブハートの順で前が塞がって、どんどん進路を内へ移動した。トーセンベニザクラは0.6差8着、メイショウスザンナは0.5差5着、サウンドオブハートは0.5差4着なので、前が塞がらずに差すことができていれば、4,5着あたりでゴールできていた可能性がある。馬体回復とフラットな馬場が条件で、オークスで狙ってみても面白いかも?

3枠5番メイショウスザンナ「逆馬」

桜花賞(3歳牝馬G1):5着/0.5/10-10/SS/B/中

レースコメント:オメガハートランド参照。

チェックコメント:掲示板の馬の中では唯一内目の「B」回してた。そういった意味では、もう少し外枠なら4着馬には勝ててたかも?

4枠8番ミッドサマーフェア「逆馬」

フローラS(3歳牝馬G2):1着/-0.4/6-6-7/US/BC/中

レースコメント:去年の10月から使われてなかったAコース使用で絶好の馬場コンディション。芝丈は長めも内優勢の馬場で、更にスローペースで流れれば内先行優勢になって当然。

チェックコメント:懸念してた二の脚の遅さはスタートからスローで流れたこともあって心配に及ばず、内目の6番枠から好位の内目に取り付いた時点でこの馬の勝ちは決まったようなものだった。3~4コーナーでは若干外を回すも逆にあの程度ならこのメンバーなら全く心配しなくてよい程度のロスで、上がり最速タイで0.4秒差の完勝は能力を考えれば当然。ただ抜け出してからもしっかりと追われていて何度も手前を変えてフラフラした走りをしていたのがちょっと気がかりではある。

5枠9番ヴィルシーナ「逆馬」

桜花賞(3歳牝馬G1):2着/0.1/4-4/SS/C/中

レースコメント:オメガハートランド参照。

チェックコメント:差し届く流れを4番手と前目で競馬しての0.1秒差2着は評価できる。

予想2.gif

補足の音声を録りました。音声公開はこちらをクリック!

*あなた専用のユーザー名とパスワードを入力してアクセスしてください。
*あなた専用のユーザー名とパスワードは、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!と同じです。
*ユーザー名とパスワードを忘れた方は、僕にメールでお問い合わせください。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)