2012年皐月賞重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2012年皐月賞成績はこちら

⇒ 2012年皐月賞レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2012年皐月賞全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2012年皐月賞.gif

結果3.gif

内を大きく開けて各馬走った。3~4コーナーは通常の「E」コースを「B」コースとして、それより内を全馬「A」コースとした。土曜日の雨の不良馬場で一気に内が悪くなって外優勢になったが、日曜日はこのレースも含めて各馬が内を避けて外を回すことによって、地力が劣る馬にとっては厳しい地力勝負レースになった。

結果4.gif

7枠14番ゴールドシップ「地力馬」
相変わらずのモッサリしたスタートから無理せず最後方から競馬したことが吉となって、勝負処の3~4コーナーで内をワープすることが出来た。もう少し前で競馬をしてたら、あのワープは出来なかったハズで、このレースは勝ててなかったと思われる。とは言え、この世代で能力上位なのは過去の一連のレースを見ていれば明らかで、あのワープが無くても大外マクリから掲示板争いはしてたハズ。

5枠9番ワールドエース「地力馬」
スタートしてちょっと行ったところで躓く不利あり。ほぼ最後方から外々回って4コーナーで超大外回して2着。勝ち馬のワープが無ければ勝ってたハズで、能力は世代トップを改めて証明した。

3枠6番ディープブリランテ「地力馬」
スタートしてから1~2コーナーまで掛かり通し。前2頭がハイペースで3番手のこの馬以下を大きく離して行ったために、この馬が馬群の先頭になってしまった。それでも3着に残したのはサスガ。とは言え、これ以上距離が伸びるのはこの気性では厳しいように思う。雨の不良馬場にならない限りは、東京2400mのダービーでは厳しいと思う。

7枠15番コスモオオゾラ「個人的注目馬」
3着馬を終始マークするような競馬するも結局4着に。とは言え、最後の直線は手前を変えずに右手前のままゴールしたことから、手前を変えていれば逆転できていたように思うだけに惜しい。

8枠18番グランデッツァ「2012年夢馬」
大外18番枠からの発走で、先行することなく後方から競馬したことで終始馬群の大外を回らされた。流石にこの距離ロスが応えたのではないかと思う。最後の直線で手前を変えずに右手前のままゴールしたのも差し脚が思ったよりも伸びなかった理由の1つ。馬体的にはまだトモの筋肉が足りないにも関わらず中間の追い切りは馬ナリと軽め。あくまで目標はダービーなのかも?

2枠4番メイショウカドマツ「個人的注目馬」
パドックでの気合と好馬体は目を惹いた。スタートから押して出して行った。自身のPCIが35.7と非常に厳しい競馬をしながらも0.8秒差の8着に粘ったのは驚いた。もし内優勢の馬場で行なわれていたなら圧勝してたかも?

結果5

人によって評価が大きく分かれるレースになりました。僕の評価は上記の通りで、ワールドエースの世代トップを改めて実感させられたレースになりました。

あと、今年の僕の夢馬(今年のダービーで軸にして馬券を買うと既に決めている馬)ですが、現状では想像してたよりもトモの筋肉が足りません。今までのような馬ナリ調教だけでは、ダービー制覇は厳しいように思います。この中間の調教に注目です。

今年のダービーは、馬場傾向と枠番によっては、意外な結果になるかも知れません。もし今年のダービーが内優勢の馬場で行なわれたら・・・考えただけでもワクワクします(笑)

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)