2012年桜花賞重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2012年桜花賞成績はこちら

⇒ 2012年桜花賞レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2012年桜花賞全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2012桜花賞.gif

結果3.gif

最後の直線は外の方が伸び、コーナーも最内「A」を回すと厳しかった。そして、ペースもソコソコ流れて差し馬が台頭した。このことからこのレースのレースタイプを「SS」としたが、そこまで極端な外差し優勢ではなくって、若干外差し優勢で、コーナーで「A」最後の直線で「最」「内」を走った馬にとっては厳しいレースだったという評価。

結果4.gif

7枠15番ヴィルシーナチョイ「逆馬」
差し届く流れを4番手と前目で競馬しての0.1秒差2着は評価できる。

4枠7番メイショウスザンナチョイ「逆馬」
掲示板の馬の中では唯一内目の「B」回してた。そういった意味では、もう少し外枠なら4着馬には勝ててたかも?

2枠3番オメガハートランド「個人的注目馬」
ほぼ最後方で4コーナーを曲がり終えて直線を向き、最後の直線は外から勝ったジェンティルドンナの通ったラインで差そうとするも、トーセンベニザクラ→メイショウスザンナ→サウンドオブハートの順で前が塞がって、どんどん進路を内へ移動した。トーセンベニザクラは0.6差8着、メイショウスザンナは0.5差5着、サウンドオブハートは0.5差4着なので、前が塞がらずに差すことができていれば、4,5着あたりでゴールできていた可能性がある。馬体回復とフラットな馬場が条件で、オークスで狙ってみても面白いかも?

結果5

前日の土曜日から懸念してて、全馬解説のビデオでも喋った通り、内を回された内枠の各馬にとっては厳しいレースになってしまいました。上位1~9着馬の内、5着のメイショウスザンナだけが1桁馬番(7番)で、他の上位馬は全馬2桁馬番が占めました。

馬場傾向の把握と枠番の関係、改めて凄い大事ですね。

皐月賞の枠番が発表されましたが、僕の今年の夢馬(ダービーで軸にして馬券を買うと既に決定してる馬)は・・・(苦笑) まあ、皐月賞は「逆馬」で負けて、本番のダービーで巻き返してもらいましょう!

って言うか、また今週も土曜日に雨が降る予報ですね。どっちかで雨が降ると、馬場傾向を把握するのが面倒なんですよねー。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)