2012年桜花賞重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的に注目している「逆馬」「地力馬」をピックアップします。

予想1.gif

1枠2番エピセアローム「逆馬」

チューリップ賞(3歳牝馬G3):2着/0.4/7-6/US/C/外

レースコメント:外を回した2頭でワンツーも、この日は他の芝レースから考えて内を回した馬が優勢の馬場状態だったように思える。

チェックコメント:パドックで細く見えたも、細く見えるぐらいの馬体の方が走るのかも?前走に引き続き不利な大外枠発走になって外を回らされるも2着入線。勝ち馬は強かったけど、内目を通った2頭の重賞ウイナーには勝っている。

2枠3番オメガハートランド「地力馬」

フラワーC(3歳牝馬G3):1着/-0.3/11-11-8/力/CD/外

レースコメント:雨が降り続けた重馬場で、流石に内有利は和らいで、ペースがある程度流れれば馬場の良い外を回しても十分届くフラットな馬場となった。このレースは見た目には内々を回した馬が上位に入っているように見えるが、上位入線馬は能力上位の馬がズラーっと並んでいることから、馬場傾向通りのフラット地力勝負レースだったと判断する。

チェックコメント:地力勝負をCD回して0.3秒差の完勝。中山で行なわれたフェアリーSが非常に強い競馬で、東京で行なわれたクイーンCで凡走したことからも、中山のように上がり時計の掛かる競馬場向きの馬で、東京のように上がりが速くなる競馬場は合わないのかも?

4枠7番マイネエポナ「逆馬」

アネモネS(3歳牝馬OP):2着/0.2/1-2-2/SS/BB/内

レースコメント:ハイペースの外差し決着。

チェックコメント:ハイペースのSSを2番手からBB回して2着は素直に評価できる。前走はフロックではなかった。

6枠11番アイムユアーズ「逆馬」

フィリーズレビュー(3歳牝馬G2):1着/-0.2/3-3/差/A/中

レースコメント:馬場的にはペースによって有利不利が変化するフラットな馬場。このレースはハイペースになって差しが届くレースになった。

チェックコメント:ハイペースになって差し届くレースを3番手から競馬して0.2秒差完勝の強い競馬。ピンナ騎手が積極的な勝ちに行く競馬をした。まるでこのレースこそが目標のレースだったかのように。そういう意味では次走の桜花賞は微妙な感じがするも、未勝利勝ちからこのレースも含めてずーっと強い競馬をしてきているだけに、決して侮れない存在ではある。

7枠13番サウンドオブハート「逆馬」

紅梅S(3歳牝馬OP):1着/-0.1/8-8/US/A/中

レースコメント:内先行優勢。

チェックコメント:USを内枠からA回した順馬も直線で前が壁になって追えない場面あったも開いたら一気に突き抜けた。

予想2.gif

「栄光の競馬新聞」を使って出走全馬を解説しました。参考にしてください。


*ビデオが止まる場合は、少しの時間一時停止してビデオを読み込ませてください。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)