馬場直前情報(2012年4月6日(金)正午現在の情報)

シェアする

まずは、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方で先週のレースを見ての個人的な感想です。

中山の芝コースは、Bコースに変わって馬場傾向に変化が見られて、先週までの内優勢からフラットに変化しました。土曜日は内優勢の馬場に見えたかも知れませんが、強風による影響が大きかったと思います。今週もフラットな馬場だと思います。

阪神の芝コースは、ペースによって有利不利が変化するフラットな馬場でした。ただ1400m戦は、外差しになる確率が高いようです。今週もフラットな馬場だと思います。桜花賞は、力と力がぶつかり合う能力重視のレースになるんじゃないかと期待してます。

最後に今週から始まる福島ですが、グランドオープンした中京と同じでハッキリ言ってレースを見てみないと分かりません。開幕日の土曜日に7鞍もの芝レースが行われる(なみに日曜日にも7鞍行なわれて、土・日合わせて14鞍もの芝レースが行われる)ので、実際に何レースか見てから判断しましょう。

では、今週の馬場情報です。

今週から福島競馬が開幕です。
福島競馬場の芝丈が、野芝が約5~7cm、洋芝が約10~12cmと短めになっています。

スポンサーリンク

◆中山競馬場

■天候:晴

■馬場状態:(芝)良(ダート)良

■芝の状態:Bコースを使用して2週目となりますが、引き続き3~4コーナー内側及び正面直線に傷みが見られます。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm(障害コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm

■使用コース:Bコース(Aコースから3m外に内柵を設置)

■気象状況:
31日(土)に10.5ミリ、3日(火)に19.5ミリ、6日(金)に0.5ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・4日(水)芝刈りを実施しました。
・5日(木)肥料を散布しました。
・5日(木)芝の生育管理のため散水を実施しました。

(2)ダートコース
・3日(火)、5日(木)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

(3)障害コース
・3日(火)芝刈りを実施しました。
・5日(木)ローラーを用いて1号坂路~3号坂路までの向正面内側及び3~4コーナー内側の凹凸を修正しました。

◆阪神競馬場

■天候:小雨

■馬場状態:(芝)良(ダート)良

■芝の状態:ホームストレッチの傷みが進行しています。また、バックストレッチの内回り3コーナー入口付近にも傷みが出始めました。その他の箇所は引き続き良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約12~16cmcm(障害コース)野芝約10~12cm

■使用コース:Bコース(Aコースから直線部3.0m、曲線部4.0m外に内柵を設置)

■気象状況:
31日(土)に17.5ミリ、3日(火)に55.5ミリ、6日(金)に1.5ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・2日(月)芝刈りを実施しました。

(2)ダートコース
・5日(木)、6日(金)砂厚調整(9.0cm)を実施しました。

(3)障害コース
・5日(木)ローラーを用いて各障害飛越前後の不陸を整正しました。

◆福島競馬場

■天候:晴

■馬場状態:(芝)良(ダート)良

■芝の状態:今開催は洋芝によるオーバーシードをした馬場で施行します。3月下旬の冷え込みで、洋芝の成長が若干遅れている箇所がありますが全体的に概ね良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約5~7cm、洋芝約10~12cm

■使用コース:Aコース(内柵を最内に設置)

■気象状況:
1日(日)に0.5ミリ、3日(火)に14.0ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・3日(火)芝刈りを実施しました。
・4日(水)肥料を散布しました。

(2)ダートコース
・5日(木)、6日(金)砂厚調整(9.0cm)を実施しました。

■ 第1回福島競馬の馬場概要(4月2日(月)現在):

芝コース
(1)使用コース
・前4日Aコース、第5・6日Bコース、後2日Cコース

(2)芝の状態
・野芝にオーバーシード(イタリアンライグラス)した状態で施行します。
・平成23年の開催中止以降、芝の傷んだ個所の補修及び放射線量低減のため、走路部を中心に張替えを実施しました。
・その後、肥料散布・散水等の生育促進に努め、10月上旬にオーバーシードの洋芝を播種しました。
・野芝及び洋芝とも順調に生育しており全体的に良好な状態です。
・芝の生育管理のため、中間日に散水を実施します。

ダートコース
(1)ダートコースの状態
・平成23年の開催中止以降、放射線量低減のため、クッション砂の交換を実施しました。また、併せて路盤の点検・補修を実施しました。
・クッション砂の砂厚は9.0cm(従来通り)で調整しています。
・晴天が続いた場合、競走馬の事故防止のため散水を行う場合があります。

障害コース
(1)障害コースの状態
・今開催障害競走は施行しません。

以上、JRA馬場情報より

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)