2012年高松宮記念重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2012年高松宮記念成績はこちら

⇒ 2012年高松宮記念レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2012年高松宮記念全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2012年高松宮記念.gif

結果3.gif

先週までの短距離戦外優勢が晴れて馬場が良まで回復したことによって馬場が乾いたこと、またスプリントG1にも関わらず逃げ馬が1頭でペースが落ち着いたこともあって、内を回しても外を回しても力を存分に発揮できる地力勝負レースになった。

結果4.gif

5枠10番カレンチャン「地力馬」
日本のスプリントでは明らかに力が一枚上。内有利馬場になろうが外有利馬場になろうが地力勝負馬場になろうが、中枠10番発走ならどんな競馬でも可能で、人気でも一番安心して馬券が買える馬だった。この条件なら勝って当然。

8枠17番サンカルロ「地力馬」
外優勢な馬場がもう少し残っていれば、ひょっとしたらひょっとしてたかも知れない。残念。阪神1400m巧者だけに、1200mでも今の中京のような力が必要で坂があって外からの差しが届く馬場は向いている。
1枠1番ロードカナロア「地力馬」
馬場が回復して内でも十分勝負になる馬場になったことで馬券圏内に。もう少し雨が残って外優勢だったら危なかった。素晴らしいフットワークで軽い走りをするので、今の中京のような力が要って坂のあるパワーコースよりも、京都のような軽くて坂の無いコースの方が合っていそう。

7枠15番ダッシャーゴーゴー「地力馬」
外枠からズムーズにコーナーを回って馬ナリで坂を登った時は「ヤラレタか?」と思ったけど、一瞬の脚しか使えないタイプの馬だけに最後の最後で止まってしまった。内枠から内々で脚を溜めてビュっと一瞬の脚を使える方が合っていそう。とは言え、地力勝負G1で0.1秒差4着なら格下のスプリント重賞では能力上位で、今回のように外枠からでもスムーズな競馬ができれば力の違いで馬券になって当然。

結果5

5着以下の馬たちに関しても、スプリントG3とかなら全然馬券になってくると思います。

最後に、無料ブログの方で「2012年芝のG1炎の“穴馬”二十番勝負!」という企画を始めましたが、そこで僕がピックアップしたのはグランプリエンゼル(単勝28.5倍の9番人気)でした。

もう少し雨が残って土曜日程度に渋ってれば馬券になってくれてたかも知れませんけど、流石に良まで乾くとあそこまでが一杯一杯です。

一応、単勝20倍以上の馬の中では最上位だったので、善し!としときます。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)