2012年弥生賞重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2012年弥生賞成績はこちら

⇒ 2012年弥生賞レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2012年弥生賞全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2012年弥生賞

結果3.gif

1~2コーナーの途中でペースがグっと落ちてスローになって馬群が凝縮。そのままスローのまま流れて3~4コーナーを団子で回り直線で狭くなる馬が多く居た。コーナーで内目をスムーズに回せた馬が直線でも不利なく走ることができていた。内優勢の馬場で、更に有利な内を回せた馬がスムーズに走れるという外を回した馬たちにとっては非常に厳しいレースになった。

結果4.gif

3枠5番コスモオオゾラ「個人的な注目馬」
枠と馬場と展開の全てが向いたとは言え、BB回した分のロスを考慮すると悪くない結果。それでいて次走で不当に人気を落すようなら逆に狙ってもいかも?

5枠9番ソルレヴァンテ「個人的な注目馬」
上手く立ち回って好走。前走からもこれぐらいはやれても不思議ではない。500万なら胸張れる。
8枠15番エキストラエンド「逆馬」
大外枠発走では非常に厳しいレースだったが、外々を回すロスはあったがスムーズに競馬をすることはできた。とは言え、外々を回したロスは大きい。それでいて0.4秒差5着は距離ロスだけを考えれば1着の評価できる。

5枠8番フェノーメノ「逆馬」
後方に下げたことによって外々を回すロスが発生。これは岩田騎手の騎乗ミスと言っても良いでしょう。直線向いてからも前が壁になって大外に出すロスも発生。それで0.4秒差は、距離ロス,直線で外を出すロスまでを考慮すれば、5着馬よりも評価を上げることができ、実質1着の評価を与えても良さそう。最後の脚は全然止まってなかった。

8枠14番サイレントサタデー「個人的な注目馬」
14番枠発走では非常に厳しいレースだった。残り150mで狭くなってから追うのを止めていて、それでいて0.7秒差は距離ロス,直線で追わなかったことを考慮すれば評価でき、次走で不当な人気薄になるようであれば積極的に狙いたい。

7枠13番クラレント「個人的な注目馬」
13番枠発走では非常に厳しいレースだったが、外々を回すロスはあったがスムーズに競馬をすることはできた。とは言え、外々を回したロスは大きい。それでいて0.8秒差は距離ロスだけを考えれば上位の評価でき、次走で不当な人気薄になるようであれば積極的に狙いたい。

結果5

まあ、とにもかくにも内有利の弥生賞でした。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)