中日新聞杯2018予想に:過去10年の傾向と、過去4年の結果

シェアする

中日新聞杯2018予想

ワードプレス(このブログ)をバージョンアップしたら、エディタ(記事を書く画面)が全くの別モノに変わってて焦った(苦笑)

ツイッターで検索して「Classic Editor」というプラグインを入れて難を逃れました。

「今」の問題を解決するには、「Google」検索よりも「Twitter」検索に限りますねー(笑)

では、中日新聞杯2018の過去10年の傾向と、過去4年の結果です。

スポンサーリンク

中日新聞杯2018の過去10年の傾向

中日新聞杯は開催時期や場所など条件が変更になっていますが、それらもひっくるめて、中日新聞杯の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:78%
  • 複勝:64%

と、ローカルのハンデ戦にしては平均的なレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が5番人気以内です。

中日新聞杯2018の過去4年の結果

2017年中日新聞杯

中日新聞杯2018予想

スローでも差しも利く内外フラットな馬場で地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年中日新聞杯

2016年の中日新聞杯の結果

ハンデ戦で16着までが0.5秒差の大接戦になったということで、レースタイプを「ハ」にしようかとも思ったけど、この日は先行馬有利なレースばかりで、このレースもスローペースで先行馬にとって有利な流れでもあったので、レースタイプを「前」とした。

2015年中日新聞杯

2015年の中日新聞杯の結果

開幕日のやや内有利な馬場で、スローペースで流れて内先行有利に。

2014年中日新聞杯

2014年の中日新聞杯の結果

内外フラットも、開幕週ということと前開催が軽い馬場だったということもあって、中京としては軽い馬場。このレースはペースが緩んで、そうなると中京2000mは前残りになることが多いけど、このレースは団子馬群で直線の上がり勝負になった。13着までが0.5秒差で16着までが1.0秒差の大接戦になっていることから、このレースのレースタイプを「ハ」にしても良かったけど、このレースの特徴としては、中京らしくない軽い馬場の上がり勝負のレースだったということを覚えておきたかったので、このレースのレースタイプを「瞬」とした。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメント

  1. おすだぬき より:

    《中日新聞杯》
    ◎①エンジニア
    ◯⑪メートルダール
    ▲⑦ギベオン
    △⑥ハクサンルドルフ
    △③グレイル
    単勝◎、馬連◎◯、三連複◎=◯▲=◯▲△△

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)