チャレンジC2018予想に:過去10年の傾向と、過去4年の結果

シェアする

チャレンジC2018予想

今週は芝のG1レースが無いので、芝のレースが専門の我が栄光の競馬道グループは開店休業状態です。

とは言え、芝のG1レースが無いだけで競馬自体は行われますし、土曜日には重賞レースが2つ行われます。

あまり荒れないレースっぽいですが、キッチリ2連勝して、来週以降のG1レースに弾みを付けたい所です。

では、チャレンジC2018の過去10年の傾向と、過去4年の結果です。

スポンサーリンク

チャレンジC2018の過去10年の傾向

チャレンジCは時期や距離など条件が変更になっていますが、それらもひっくるめて、チャレンジCの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:47%
  • 複勝:72%

と、特にアタマは平穏なレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が2番人気以内です。

ハンデ戦の時は少々荒れたりもしましたが、別定戦ではとにかく堅いです。

チャレンジC2018の過去4年の結果

2017年チャレンジC

2017年のチャレンジCの結果

内外フラットな馬場で、平均ペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年チャレンジC

2016年のチャレンジCの結果

ハンデ戦で12着までが0.5秒差,16着までが0.9秒差の大接戦だったということも加味して、このレースのレースタイプを「ハ」とした。

2015年チャレンジC

2015年のチャレンジCの結果

内外フラットな馬場で平均ペースで流れて地力勝負。

2014年チャレンジC

2014年のチャレンジCの結果

内有利の馬場でペース流れてコーナー部内有利。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメント

  1. おすだぬき より:

    《チャレンジC》
    ◎⑧レイエンダ
    ◯⑨エアウィンザー
    ▲⑩ステイフーリッシュ
    △②マウントゴールド
    △①マルターズアポジー
    単勝◎、三連複◎=◯▲=◯▲△△

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)