府中牝馬S2018予想に:過去10年の傾向と、過去4年の結果

シェアする

府中牝馬S2018予想

ここに来て一気に寒くなって、秋らしくなってきました。

中央競馬も今週・来週のクラシック最終戦から、超豪華メンバーが集結する秋の天皇賞へと続きます。

今からワクワクが止まらない!

では、府中牝馬S2018の過去10年の傾向と、過去4年の結果です。

スポンサーリンク

府中牝馬S2018の過去10年の傾向

府中牝馬Sの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:88%
  • 複勝:65%

で、アタマは穴目の馬が着ているレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が5番人気以内ですが、1,2番人気の勝利はありません。

府中牝馬S2018の過去4年の結果

2017年府中牝馬S

2017年の府中牝馬Sの結果

差しが利く馬場も、超スローペースで流れてコーナーで距離ロスなく内を回した馬が有利な競馬(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)になった。

2016年府中牝馬S

2016年の府中牝馬Sの結果

淡々としたスローペースで流れるも、内外フラットな馬場の東京コースで地力勝負に。

2015年府中牝馬S


2015年の府中牝馬Sの結果

フラットな馬場で平均ペースで流れて基本的には地力勝負も、フラットとは言えやや外が有利な馬場だったことと、直線でスムーズさを欠いた馬が何頭か居たことは覚えておきたい。

2014年府中牝馬S

2014年の府中牝馬Sの結果

逃げ馬が引き離しての逃げで2番手以下の馬群は実質スローペースで、上がり勝負の瞬発力戦になった。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)