キーンランドC2018予想に:過去10年の傾向と、過去4年の結果

シェアする

キーンランドC2018予想

今週は札幌競馬場でワールドオールスタージョッキーズが行われます。

ワールドオールスタージョッキーズ2018

例年、ワールドオールスタージョッキーズは予想が非常に難しく、馬券もいっちょも当たらないので、馬券度外視で、ワールドクラスのジョッキーたちの腕を堪能したいと思います。

では、キーンランドC2018の過去10年の傾向と、過去4年の結果です。

スポンサーリンク

キーンランドC2018の過去10年の傾向

キーンランドCの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:160%
  • 複勝:69%

と、過去10年で2回二桁人気の馬が勝って波乱になっています。

ただ、過去10年の勝ち馬の内7頭が4番人気以内です。

キーンランドC2018の過去4年の結果

2017年キーンランドC

2017年のキーンランドCの結果

この週の傾向から、ペースが速まれば外を回した差し有利な競馬になっていたので、その傾向を加味して、ペースが速まったこのレースのレースタイプも外差し優勢(「栄光の競馬新聞」的に「SS」)とした。

2016年キーンランドC

2016年のキーンランドCの結果

内外フラットな馬場で、通ったコース(内・外)の有利不利は無かった。ただ、ゆったりめの平均ペースで流れたことで、前・後のポジションとしては、どちらかと言うと前に位置した馬、つまり、逃げ・先行馬が少し得をしたように思う。レースタイプとしては、やや前有利気味の地力勝負レース。

2015年キーンランドC

2015年のキーンランドCの結果

馬場的にもペース的にも外差しになるレースではなかったけど、内を回した先行馬たちの地力不足もあって、結果的に外差し決着となったのでレースタイプも「SS」とした。

2014年キーンランドC

2014年のキーンランドCの結果

周回コースはフラットも、1200m戦はまだやや内有利。机上でロス換算をするなら、通常のロスの半分で計算するぐらいが良さそう。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメント

  1. おすだぬき より:

    狙いはWSJSの次走、名手からの乗り替わり!(^-^)v

    《キーンランドC》
    ◎⑪ナックビーナス
    ◯⑫トゥラヴェスーラ
    ▲⑦ダノンスマッシュ
    △⑬キャンベルジュニア
    △③ヒルノデイバロー

    単勝◎、馬連◎=◯▲△△

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)