クイーンS2018予想に:過去10年の傾向と、過去4年の結果

シェアする

クイーンS2018予想

今週から開催が新潟・小倉・札幌に変わります。

例年ならこの開催から灼熱の真夏競馬なんですが、今年はすでに灼熱が続いている。

皆さん、くれぐれも体調に気をつけてくださいねー!

では、クイーンS2018の過去10年の傾向と、過去4年の結果です。

スポンサーリンク

クイーンS2018の過去10年の傾向

クイーンSの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:107%
  • 複勝:80%

と、アタマが荒れているレースのようです。

ただ、過去10年の勝ち馬の内7頭が2番人気以内なので、時々穴馬が勝ち切るレースみたいです。

クイーンS2018の過去4年の結果

2017年クイーンS

2017年のクイーンSの結果

このレース単独でみれば内を回した馬が1~3着独占で内有利に思えるも、この週の芝レースを俯瞰してみれば、周回コースは内外フラットな傾向で、平均ペースで流れたこのレースは地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)と考えるのが妥当。

2016年クイーンS

2016年のクイーンSの結果

やや内有利に変化した馬場で、スローペースで流れて内先行有利に。

2015年クイーンS


2015年のクイーンSの結果

ハイペースにならない限りは、差しは届くけど内を回した馬が少々得をする馬場で、少頭数ということもあってそれほどペースは上がらず、コーナーで内を回した馬が有利なレースになった。

2014年クイーンS

2014年のクイーンSの結果

スタートしてから1コーナーまでの距離が短い札幌の1800m戦で大外枠の馬が果敢に逃げたことでハイペースに。内が有利な馬場でハイペースになれば、レースタイプは「CU:コーナー部内有利」になる。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)