鳴尾記念2018予想に:過去10年の傾向と、過去4年の結果

シェアする

鳴尾記念2018予想

例年通りダービーロスで何も手に付かない状態です(苦笑)

では、鳴尾記念2018の過去10年の傾向と、過去4年の結果です。

スポンサーリンク

鳴尾記念2018の過去10年の傾向

鳴尾記念の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:55%
  • 複勝:88%

で、アタマは平均より本命寄りで、逆にヒモは平均より穴目が着ているようです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が3番人気以内です。

鳴尾記念2018の過去4年の結果

2017年鳴尾記念

2017年の鳴尾記念の結果

開幕日でそれなりに顕著と言えるほどの内有利な馬場で、スローペースで流れて内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)。

2016年鳴尾記念

2016年の鳴尾記念の結果

開幕日で時計は速いけど内外フラットな馬場で、緩みのない平均ペースで流れてレコード決着の地力勝負。

2015年鳴尾記念

2015年の鳴尾記念の結果

距離とペースによって有利不利が変化する馬場で、このレースはシッカリとした逃げ馬が平均ペースを作って地力勝負レースに。

2014年鳴尾記念

2014年の鳴尾記念の結果

馬場としては内有利も周回コースは地力が必要で、このレースは前後半のラップだけを比較するとスローペースも、残り6Fで12.0秒の後はずーっと11秒台のラップが続き、意外と厳しい競馬だったように思う。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)