オークス2018予想:過去10年の傾向と、過去6年の結果と、「勝ちポジ」予想(予想は当日YouTubeライブにて)

シェアする

「栄光の競馬新聞」新規会員募集!

オークス2018予想

高松宮記念を的中して以来の重賞の連敗記録が、先週土曜日の京王杯スプリングCでようやくストップしました!

しかし、YouTubeライブで当日予想を公開しているG1の連敗記録は「6」に。

1年で一番当てたいレースである「日本ダービー」的中に向けて、その前のオークスを当てて勢いをつけたいところです。

では、オークス2018の過去10年の傾向と、過去6年の結果と、「勝ちポジ」予想(予想は当日YouTubeライブにて)です。

スポンサーリンク

オークス2018の過去10年の傾向

オークスの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:61%
  • 複勝:52%

と、平均よりも堅いレースのようです。

過去10年の勝ち馬(11頭)の内9頭が5番人気以内です。

あと、勝ち馬は9番人気以内の馬で占められていて、2桁人気馬は過去10年で1頭だけしか馬券に絡んでいません。

オークス2018の過去6年の結果

2017年オークス

2017年のオークスの結果

内有利な馬場で、終始団子馬群のスローペースで流れて、コーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)。外枠から枠ナリにコーナーで外を回した馬にとっては非常に厳しい競馬になった。

2016年オークス

2016年のオークスの結果

馬場としては内よりも外が良く外からの差しが利く馬場で、このレースはオークスらしくペースが流れて、外差し決着になった。

2015年オークス

2015年のオークスの結果

前半スローも残り1000mからペースが速まって11秒台のラップが続いたことで地力が問われる地力勝負レースになった。

2014年オークス

2014年のオークスの結果

距離が長くなれば長くなるほど、コーナーで外を回しても不利にならない内外フラットな馬場で、更に距離が長くなれば長くなるほど、最後の直線で馬場の外を走る差し馬が十二分に差し脚を活かせる馬場。まさにハープスターのための馬場になっていた(造っていた?)。

2013年オークス


2013年のオークスの結果

馬場としてはペースによって有利不利が変化するフラットな馬場も、この日はこのレースまでスローペースのレースが続いて前が残すレースがほとんどだったことで、このレースはジョッキー心理から前半ペースが速くなって縦長の展開になり、地力のある差し馬が台頭できるレースとなった。

2012年オークス

2012年のオークスの結果

ペースが一度も緩むことなく流れた非常に厳しいレースで先行馬には辛い流れ。コーナーでロスなく内を回した差し馬が有利なレースになった。

オークス2018の「勝ちポジ」予想

オークス2018の「勝ちポジ」予想は、レース当日にYoutubeライブで公開します。

Youtubeライブの開始時間は、当レースのパドックが始まる頃にスタートする予定ですが、都合により開始時間は前後します。

Youtubeライブを見逃さないためにも、Youtubeのチャンネル登録をしておいてください。

↓Youtubeのチャンネル登録はコチラからどうぞ!

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメント

  1. おすだぬき より:

    ◎⑥オールフォーラヴ
    ◯⑬アーモンドアイ
    ▲⑧サトノワルキューレ
    △②ラッキーライラック
    △⑤カンタービレ

    単勝+複勝◎、馬連◎◯=◎◯▲57
    三連単2=13→15678(10点)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)