スプリングS2018予想に:過去10年の傾向と、過去4年の結果

シェアする

スプリングS2018予想

このスプリングSもまさにそうですが、2018年のクラシック1冠目の桜花賞&皐月賞のトライアルレースが続々と行われているにも関わらず、今年はクラシック番付の記事を書いてない(汗)

まあ、わざわざ番付としてまとめなくても、今年は(今年も)桜花賞はチューリップ賞組が、皐月賞は弥生賞組が番付上位なのは明らかなんですけど・・・

一応、今週で桜花賞へのステップレースが、来週で皐月賞へのステップレースが終わるので、今年はちょっと横着してYouTubeの方で番付の公開をしようと思ってます。

ということで、新しくなったYouTubeのチャンネル登録を宜しくお願いします(今週2回目のご案内。笑)

↓新しいYoutubeのチャンネル登録はコチラからどうぞ!

では、スプリングS2018の過去10年の傾向と、過去4年の結果です。

スポンサーリンク

スプリングS2018の過去10年の傾向

スプリングSの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:48%
  • 複勝:57%

と、本命レースのようです。

過去10年の勝ち馬は6番人気以内の馬で占められていて、内6頭が3番人気以内です。

スプリングS2018の過去4年の結果

2017年スプリングS

2017年のスプリングSの結果

ペースが速まればやや外有利な馬場傾向で、このレースは平均ペースで流れて、コーナーで外を回した差し馬が有利なレース(「栄光の競馬新聞」的には「SS」)になった。

2016年スプリングS

2016年のスプリングSの結果

この日は少々のハイペースでも内の逃げ先行馬が得をする馬場で、このレースは平均ペースで流れて内先行有利に。

2015年スプリングS

2015年のスプリングSの結果

内外フラットな馬場で、前後半で3.3秒も後半が速くなったかなりのスローペースで流れて前有利に。

2014年スプリングS

2014年のスプリングSの結果

力の要る荒れた馬場も、内の荒れた処を走るロスと、コーナーで外を回す距離ロスを天秤にかけたら、まだ荒れた内を回したロスの方が少々得な感じの馬場。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメント

  1. おすだぬき より:

    《スプリングS》
    ◎⑤エポカドーロ
    ◯④レノヴァール
    ▲②ルーカス
    △⑧ステルヴィオ
    △⑪ゴーフォザサミット

    単勝◎、馬連◎=◯▲△△

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)