金鯱賞2018予想に:過去10年の傾向と、過去4年の結果

シェアする

金鯱賞2018予想

LDLコレステロールが高値だということが分かって、運動をしないとイカンということで、ジョギングを再開したワケですけど、この季節のジョギングはツライんですよねー、花粉症の僕にとっては(苦笑)

誰かメッチャ頭の良い方、花粉症を根治する薬、早急に開発してくれへんかなー

では、金鯱賞2018の過去10年の傾向と、過去4年の結果です。

スポンサーリンク

金鯱賞2018の過去10年の傾向

金鯱賞は、2016年まで年末の中京開催で行われていたんですけど、2017年から春の中京開催に変更になりました。

もっと言えば、2010,11年は5月の京都、2009年以前は5月の中京開催でした。

開催時期がコロコロと変わっているので、過去のデータは全く意味がないように思いますけど、一応書いておきます。

金鯱賞の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:35%
  • 複勝:65%

と、特にアタマはド本命のレースであることが分かります。

過去10年の勝ち馬は全馬、6番人気以内の馬で占められています。

金鯱賞2018の過去4年の結果

2017年金鯱賞

2017年の金鯱賞の結果

スローペースも内外フラットな馬場で14着までが0.5秒差の大混戦の地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年金鯱賞

2016年の金鯱賞の結果

開幕週でレコードが2つ出るほど時計の速い内有利な馬場で、スローペースで流れて内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)。

2015年金鯱賞

2015年の金鯱賞の結果

フラットな馬場で平均ペースで流れて地力勝負。ただ、中京2000mということで、サスガに後方一気では厳しく、好位から中団に位置した地力上位馬が馬券になった。

2014年金鯱賞

2014年の金鯱賞の結果

平均ペースで流れてレコード決着の地力勝負。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメント

  1. おすだぬき より:

    ◎②メートルダール
    ◯⑨スワーヴリチャード
    ▲①ヤマカツエース
    △⑤サトノダイヤモンド
    △④サトノノブレス

    単勝◎、三連複・三連単◎◯→◎◯→▲△△

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)