オーシャンS2018予想に:過去10年の傾向と、過去4年の結果

シェアする

オーシャンS2018予想

このレースとは全然関係ない話ですけど、今週末にチューリップ賞と弥生賞が行われるのでふと思い出しました。

そういえば、今年まだクラシック番付の記事上げてないなーって(汗)

頑張って今からまとめるか?それとも今年はもう辞めるか?

ちょっと考えます(汗)

では、オーシャンS2018の過去10年の傾向と、過去4年の結果です。

スポンサーリンク

オーシャンS2018の過去10年の傾向

オーシャンSの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:64%
  • 複勝:96%

と、アタマは堅めで、相手が少々荒れているレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内6頭が3番人気以内です。

オーシャンS2018の過去4年の結果

2017年オーシャンS

2017年のオーシャンSの結果

外回りコースは内外フラットな馬場で、平均ペースで流れて、地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年オーシャンS

2016年のオーシャンSの結果

ペースが流れれば外からの差しが決まる馬場で、このレースは1200m戦らしいハイペースで流れて外差し有利の競馬も、直線で前が詰まったり挟まれたりしてスムーズな競馬が出来なかった馬が多く、レースタイプを「ス」とした。

2015年オーシャンS

2015年のオーシャンSの結果

スローペースだと内有利になっていたけど、このレースはある程度ペースが流れた分、そこまで内有利とは言えないも、団子馬群になったので少々内が得をした印象はあるので「CU」としたが、机上で距離ロス換算するなら通常の半分のロスで計算するぐらいが良さそう。

2014年オーシャンS

2014年のオーシャンSの結果

ペースが流れれば内外フラットな力の要る馬場。このレースは1200mの重賞レースでもハクサンムーンの逃げでハイペースにはならず平均ペース。力の要る馬場とは言え時計的にも物足りない少しレベルの低いレース。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメント

  1. おすだぬき より:

    今週・3/3は中山競馬場来賓席で勝負してきます(^-^)/正月のおみくじ馬券の副賞

    メインのオーシャンSは当たったためしがないので記事データを参考にします♪(^-^)

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      来賓席かぁ~、ええなぁ~

      • おすだぬき より:

        昨日は…
        ◎4◯13▲10△7△8
        単勝◎、馬連◎◯=◯▲△△
        で勝負!( ̄- ̄)ゞ

        馬連◯△が保険になって73倍GET
        同伴者は三連複137倍GET

        終日でも二人とも少し勝って焼き肉を食べて帰宅いたしました♪(^-^)

        • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

          おおおおお~~~~~!焼肉食いてぇ~~~~~!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)