中山記念2018予想に:過去10年の傾向と、過去4年の結果

シェアする

中山記念2018予想

京都牝馬S2018予想に:過去10年の傾向と、過去4年の結果で書いた「6つのこと」をし始めて今日で20日目。

何と、体重が3.1kg減りました!

すぐに結果が出るダイエットをしたい方は、ぜひ真似てみてください。

では、中山記念2018の過去10年の傾向と、過去4年の結果です。

スポンサーリンク

中山記念2018の過去10年の傾向

中山記念の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:59%
  • 複勝:69%

と、2010年にトーセンクラウンが13番人気で勝っているにも関わらずこの回収率なので、基本的に堅めのレースです。

ちなみに、トーセンクラウンが勝った年は不良馬場でした。

過去10年の勝ち馬の内9頭が3番人気以内です。

中山記念2018の過去4年の結果

2017年中山記念

2017年の中山記念の結果

前半超スローペースで流れたことと、やや内有利な馬場もあって、コーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)に。ただ、机上で距離ロス換算するなら通常の半分のロスで計算するぐらいが良さそう。

2016年中山記念

2016年の中山記念の結果

開幕週も明らかに外有利な馬場で、緩むことのない平均ペースで流れたことで、外から差す馬にとって絶好の競馬になった。

2015年中山記念

2015年の中山記念の結果

雨が降ると内有利になる傾向は、去年のこの開催もそうだった。内有利な馬場でスローペースで流れて内先行有利。

2014年中山記念

2014年の中山記念の結果

上がりの掛かる力の要る馬場で、更に雨も重なって、去年(2013年)の函館までは行かないまでも、距離ロスなくコーナーで内を回した馬に有利なレースになった。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメント

  1. タヌキ より:

    メンツはいいけど、少頭数。京都記念みたい(笑)
    サクラアンプルールが有馬の鬱憤を晴らしてくれると信じて。

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      サクラアンプルールが出走するんですねー。
      登録メンバー見てないので知らんかった(笑)

  2. おすだぬき より:

    《中山記念》
    ◎⑤ウインブライト
    ◯⑥マイネルハニー
    ▲④ペルシアンナイト
    △②サクラアンプルール
    △③ヴィブロス

    単勝◎、馬連◎=◯▲
    三連単◎→◯▲→◯▲△△

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)