シンザン記念2018予想に:過去10年の傾向と、過去4年の結果

シェアする

シンザン記念2018予想

中山金杯の記事でも書きましたが、今年(2018年)何をブログで書いていくのか、何をYouTubeでやっていくのか、まだ決まっていません。

なので、ひとまず今週は、重賞レースの過去10年の傾向と、過去4年の結果だけブログに書いてアップします。

では、シンザン記念2018の過去10年の傾向と、過去4年の結果です。

スポンサーリンク

シンザン記念2018の過去10年の傾向

シンザン記念の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:66%
  • 複勝:79%

と、頭は平均より少しだけ本命寄りで、ヒモは平均より少しだけ穴寄りで決まっているようです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が4番人気以内です。

京都金杯2018の過去4年の結果

2017年シンザン記念

2017年のシンザン記念の結果

雨が降り続ける重馬場で、結果的に前後半で分けて後半が3.4秒も遅い上がりの掛かる競馬になって、底力が問われる地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)になった。

2016年シンザン記念

2016年のシンザン記念の結果

圧倒的に内有利な馬場で、このレースはハイペースで流れて、コーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)に。

2015年シンザン記念

2015年のシンザン記念の結果

そこまで内有利な馬場ではなくて、やや内有利程度の馬場。ペースが緩んで内先行有利に。机上で距離ロス換算をするなら、通常のロスの半分で計算するぐらいが良さそう。結果的には差し馬が上位を独占したけど、このメンバーでは上位に入った差し馬4頭の力が抜けていた。

2014年シンザン記念

2014年のシンザン記念の結果

馬場が乾いて内優勢になって、更にスローペースでレースが流れれば、内先行有利になって当然。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    ◎①スターリーステージ
    ◯⑨カフジバンガード
    ▲⑦ツヅミモン
    △②ファストアプローチ
    △⑤マイネルエメ

    単勝◎、馬連◎◯=◎◯▲△△

  2. マーカー より:

    ◎プリュス
    ○カシアス
    ▲ファストアプローチ
    △スターリーステージ
    △アーモンドアイ
    ×ブランモンストル

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)