【予想追記】エリザベス女王杯2017予想:過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想

シェアする

エリザベス女王杯2017

エリザベス女王杯と言えば、去年(2016年)、本命◎(3人気)→ヒモ△(12人気)→対抗◯(2人気)で予想を的中させたレースです。

【予想追記】エリザベス女王杯2016予想:出走馬の前走チェックコメントと「勝ちポジ」予想
エリザベス女王杯の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、 単勝:105% 複勝:59% と、単荒れの...

今年も馬場傾向とペースから「勝ちポジ」を読み切って激走する穴馬を見つけたいところです。

では、エリザベス女王杯2017の過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想です(予想は土曜日の夜予定)。

スポンサーリンク

エリザベス女王杯2017の過去の傾向

エリザベス女王杯の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:93%
  • 複勝:63%

と、ヒモは堅いですが、ちょくちょく穴目の馬が勝ち切っているレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が4番人気以内です。

2016年エリザベス女王杯

2016年のエリザベス女王杯の結果

かなりのスローペースになって、典型的な内先行(「栄光の競馬新聞」的には「US」)決着。

2015年エリザベス女王杯

2015年のエリザベス女王杯の結果

結果的には外を回した差し馬が掲示板を独占も、馬場としては内外フラットで、平均ペースの地力勝負レース。ただ、6着までが0.1秒差,12着までが0.5秒差,最下位までが1.2秒差の大混戦で、また同じメンバーでレースをしたら、枠順とか馬場傾向によって着順はコロコロと入れ替わると思う。

2014年エリザベス女王杯

2014年のエリザベス女王杯の結果

内有利な馬場でスローペースも、差しが届くコースでレースタイプは「CU:コーナー部内有利」に。

エリザベス女王杯2017出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

馬名が無い馬は、前走でチェックコメントを書き残していない馬です。

2枠3番トーセンビクトリー(府中牝馬S)

内枠から逃げ馬の後ろの絶好のポジションで順馬の競馬をしての5着好走。

2枠4番クロコスミア(府中牝馬S)

前走が非常に強い競馬で重賞のここでも十分戦える地力はあったけど、このレースに関しては超スローの逃げを打った岩田騎手の好騎乗による勝利。地力では他馬より2kg斤量が重かった2~4着のG1馬の方が上。

3枠5番モズカッチャン(秋華賞)

パンと張った馬体で前走から調子がかなり上がっていたんだと思う。早めに動いて4角先頭から押し切り図るも、ラッキーにも全てが上手く行った勝ち馬と、強い2着馬に差されて3着。4着以下には0.5秒の大差を付けたことからも、やはりこの世代の牝馬では力上位。

3枠6番リスグラシュー(秋華賞)

ヨレるようなスタートで出遅れ。勝ち馬とは違って3~4コーナーで馬群の大外をブン回す完全地力勝負に打って出て0.2秒負けたけど、ラッキーにも全てが上手く行った勝ち馬に少しでも不利があればこの馬がエゲツナく強い競馬で勝っていた。

4枠7番クイーンズリング(府中牝馬S)

立ち上がるようなスタートで出遅れ。馬群の大外を回す距離ロスをしながら0.3秒差は、距離ロス換算ではこのレースで一番強い競馬をしたと言って良い。

5枠9番デンコウアンジュ(府中牝馬S)

団子馬群の最内の後方で直線に向いて馬群の中に突っ込んだことで、直線は常に追い辛そうで全開で追えず脚を余した。

5枠10番ミッキークイーン(宝塚記念)

引き続き追い切りの動きが良かったので調子も良かったんだと思う。順馬の競馬で3着。現時点では、調教師が言うように右回りが良いんかな?

コチラ↓のYoutubeでミッキークイーンの詳細解説してます。

6枠11番ディアドラ(秋華賞)

厳しい競馬が続いていたのでデキ落ち&馬体減を心配してたけど、馬体重は+12kgでパドック気配も良かったので良い状態での出走だったんだと思う。3~4コーナーで馬群の外を回すと距離ロスが大きくなることをルメール騎手が嫌って距離ロスなく最内を回して位置を上げて(これが見事にスムーズに位置を上げることができた)、直線内から外に進路を取って(これもブレーキをかけること無くスムーズに外に出すことが出来た)全開に追って差し切り勝ち。全てが上手く行ったラッキーな勝利だった。

6枠12番スマートレイアー(京都大賞典)

追い切りの動き良く調子も良かったと思う。内枠からスタート直後に寄られてポジションが取れなかったけど、臨機応変な判断で後方でも最内をロスなく回して直線も一か八か内を突いてラッキーにも余裕でスペースあって追い込んで1着。馬の能力も高いけど、このレースで勝てたのは武豊騎手の好騎乗。ただ、昔は内から馬群を縫うような器用な競馬は出来なかったけど、年を取って出来るようになった。

コチラ↓のYoutubeでスマートレイアーの詳細解説してます。

7枠13番ジュールポレール(1600万)

直線狭くなりながらも強引に馬群割って1着。牝馬限定なら重賞でも好勝負してきた実績あり昇級しても好勝負可能。

7枠14番ウキヨノカゼ(京成杯オータムハンデ)

最内の後方で直線に向いて、直線前が壁で全く追えず。全く競馬してない。完全度外視。

8枠16番ヴィブロス(府中牝馬S)

最内枠から距離ロスなく最内を回した順馬の競馬しての2着は、同距離の世界のG1を制した馬としては物足りないとは言え、そのレース以来の長期休養明け初戦で直線前が壁で全開で追えたのが残り200mからということを考えれば及第点は与えられる。

コチラ↓のYoutubeでヴィブロスーの詳細解説してます。

8枠17番ルージュバック(オールカマー)

ゲート内でソワソワしてたけど、トップスタートを切って好位からの競馬。4コーナーのゴチャツキの張本人も、怯むことなく直線でもイチかバチかで逃げ馬の内の狭い所を突いて差し切り勝ち。調子も良かったと思うけど、内枠を引いたこと,思いもかけずスタートが決まったこと,内先行有利な競馬になったこと,4コーナーのゴチャツキで3着馬が少なからず不利を受けたこと,直線で最内が開いたことなど、全てがこの馬に向いたのも事実。本質的にこの距離は長いと思うし、馬群の内で器用な競馬をするのも苦手。

8枠18番エテルナミノル(1600万)

力勝負で5馬身差圧勝!1600万では力が違った。

エリザベス女王杯2017の「勝ちポジ」予想

各印を打った理由など、予想の詳細は、↑上のYoutubeにてご確認ください。

本命◎:3枠5番モズカッチャン

対抗◯:4枠7番クイーンズリング

単穴▲:2枠4番クロコスミア
惑星☆:6枠12番スマートレイアー

ヒモ△:2枠3番トーセンビクトリー
ヒモ△:3枠6番リスグラシュー
ヒモ△:8枠16番ヴィブロス

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    ◎⑩ミッキークイーン
    ◯⑯ヴィブロス
    ▲⑦クイーンズリング
    △⑤モズカッチャン
    △⑪ディアドラ

    単勝◎、馬連◎=◯▲△△
    馬連△△

  2. くまさん より:

    2年連続勝ちポジはまりましたね!さすが!

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      タマタマ決め打ちが嵌りました(笑)

  3. おすだぬき より:

    馬連・馬単両方GETですかな?(^-^)

    ◎▲的中おめでとうございます♪(^o^)v

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      運が良かっただけの的中です(汗)

  4. なごやん より:

    えいじさん、牝馬が得意ちゃうの?
    でも、昨年に続きありがとおおおおおおおおおお!

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      決め打ちが上手く嵌っただけですわ(汗)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)