神戸新聞杯2017予想に:過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメント

シェアする

神戸新聞杯2017

神戸新聞杯は日曜日に行われる重賞レースですが、今のところ予想なしとする予定です。

もし気が変わって予想を公開する場合は、レース当日に、この記事に追記する形で公開します。

「勝ちポジ」予想を追記した場合は、記事タイトルの冒頭に【予想追記】と記して、更新日時を変更して、再アップします。

その場合、ツイッターでもお知らせツイートをしますので、チェックしてください。

では、神戸新聞杯2017の過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントです。

スポンサーリンク

神戸新聞杯2017の過去の傾向

神戸新聞杯の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:33%
  • 複勝:50%

と、イメージ通り非常に堅いレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内9頭が3番人気以内です。

2016年神戸新聞杯

2016年の神戸新聞杯の結果

阪神外2400m戦で内外フラットな馬場なら、通ったコース(内・外)による有利不利も、前・後のポジションの有利不利も無い地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2015年神戸新聞杯

2015年の神戸新聞杯の結果

スローペースになると距離ロスなく内を回した馬が圧倒的に有利になる馬場で、このレースはかなりのスローペースになって、コーナーで内を距離ロスなく回した馬が圧倒的に有利な競馬になった。コーナーで外を回して距離ロスが大きくなった馬にとっては、非常に厳しい競馬になった。

2014年神戸新聞杯

2014年の神戸新聞杯の結果

このレースの結果だけで考えると「SS:外差し」決着と判断しがちも、この週の他のレースを加味して考えると、内有利な馬場の差し決着で、このレースのレースタイプは「CU:コーナー部内有利」とするのが妥当。

神戸新聞杯2017出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

馬名が無い馬は、前走でチェックコメントを書き残していない馬です。

2枠2番サトノアーサー(日本ダービー)

この馬の競馬に徹して4角16番手からではサスガに厳しかった。

3枠3番ダンビュライト(日本ダービー)

好スタートを切って好位からの競馬も、超スローの上がり勝負では少々分が悪かった。

4枠5番キセキ(1000万)

レコードに0.5秒差の好時計を残り200m過ぎまで追い出しを我慢してノーステッキで叩き出した。1600万も通過点かな?

5枠8番レイデオロ(日本ダービー)

1~2コーナーは馬群後方の外に位置するも、流れが緩み通しの2コーナー出口で馬群の外に出して無理することなく馬ナリのままスーッと2番手まで上昇。結果的にこの押し上げがダービー制覇に繋がった。動いていなければ間違いなく勝ててなかったハズ。ルメール騎手の大ファインプレー!

6枠9番マイスタイル(日本ダービー)

好スタートから超スローペースで逃げたノリさんの好騎乗で4着。

6枠10番ホウオウドリーム(500万)

結果的に仕掛けが遅かった。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    《神戸新聞杯》
    ◎⑧レイデオロ
    ◯⑨マイスタイル
    ▲②サトノアーサー
    △⑤キセキ
    △③ダンビュライト

    馬連◎=◯▲△△、三連複◎=◯▲=◯▲△△

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)