【予想追記】キーンランドC2017予想:過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想

シェアする

キーンランドC2017

では、キーンランドC2017の過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想です。

スポンサーリンク

キーンランドC2017の過去の傾向

キーンランドCの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:149%
  • 複勝:65%

と、一見アタマが荒れているレースのように見えますけど、アタマの回収率の高さは、2008年に最下位(16番)人気で勝ったタニノマティーニ1頭が跳ね上げているだけで、基本的には堅めのレースです。

過去10年の勝ち馬の内8頭が4番人気以内です。

2016年キーンランドC

2016年のキーンランドCの結果

内外フラットな馬場で、通ったコース(内・外)の有利不利は無かった。ただ、ゆったりめの平均ペースで流れたことで、前・後のポジションとしては、どちらかと言うと前に位置した馬、つまり、逃げ・先行馬が少し得をしたように思う。レースタイプとしては、やや前有利気味の地力勝負レース。

2015年キーンランドC

2015年のキーンランドCの結果

馬場的にもペース的にも外差しになるレースではなかったけど、内を回した先行馬たちの地力不足もあって、結果的に外差し決着となったのでレースタイプも「SS」とした。

2014年キーンランドC

2014年のキーンランドCの結果

周回コースはフラットも、1200m戦はまだやや内有利。机上でロス換算をするなら、通常のロスの半分で計算するぐらいが良さそう。

キーンランドC2017出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

馬名が無い馬は、前走でチェックコメントを書き残していない馬です。

1枠1番ブランボヌール(函館スプリントS)

ゴール前で4着馬が壁になって追えなくなったが、不利が無くても5着争いかな?

4枠4番ヒルノデイバロー(UHB賞)

このレースで一番強い競馬したのはこの馬。

6枠8番エポワス(UHB賞)

トップハンデでC回すロスしたとは言え、もう少し走って欲しかった。

6枠9番モンドキャンノ(NHKマイルC)

言い訳可能な競馬。

7枠11番ソルヴェイグ(ヴィクトリアマイル)

順馬の競馬も上位馬が強かった。

8枠12番ライトフェアリー(1000万)

大外枠もスタート決めて積極的に先行して「勝ちポジ」走った柴山Jの好騎乗もあっての完勝。

キーンランドC2017の「勝ちポジ」予想

各印を打った理由など、予想の詳細は、↑上のYoutubeにてご確認ください。

本命◎:4枠4番ヒルノデイバロー

対抗◯:5枠7番フミノムーン

惑星☆:7枠10番シュウジ

ヒモ△:1枠1番ブランボヌール
ヒモ△:3枠3番ネロ
ヒモ△:6枠8番エポワス

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    ◎⑦フミノムーン
    ◯②イッテツ
    ▲⑨モンドキャンノ
    △①ブランボヌール
    △⑬メイソンジュニア

    単勝◎、馬連◎◯=◎◯▲△△

    • おすだぬき より:

      フミノムーン、現在単勝11番人気で16倍(笑)
      4抜けたら嫌なのでちょっと買い足し☆

  2. コムロ より:

    キーンランドC

    ◎メイソンジュニア
    ◯ブランボヌール
    ▲エポワス
    △ナックビーナス
    △ノボバカラ

    馬連◎◯ー▲△△
    3連複◎ー◯ー▲△△

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)