【予想追記】桜花賞2017予想:過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想

シェアする

桜花賞2017

さあ、2017年牝馬クラシック第1弾の桜花賞です。

なお、予想のお供にコチラ↓の「桜花賞2017最新番付と全ステップレースまとめ」もどうぞ!

オークス2017予想に 最新番付と、全ステップレースまとめ(4月18日更新)
*初回投稿:2017年1月31日 桜花賞2017は、桜花賞時点での番付で、 1着=小結:レーヌミノル(指数:102) ...

では、桜花賞2017の過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想です。

データとして残っている過去5年(2012年~2016年)の僕の軸馬は「2-1-0-3」(2014年は2頭軸)で、単勝回収率は251%で、複勝回収率は106%です。

「過去10年のデータから外枠が圧倒的に有利!」と言われている中、内有利な馬場傾向と判断して内枠の3枠6番レッゴードンキに本命◎を打って的中した一昨年(2015年)は嬉しかったです。

スポンサーリンク

桜花賞2017の過去の傾向

桜花賞の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:53%
  • 複勝:81%

と、ヒモは標準的も、アタマは本命寄りのレースみたいです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が3番人気以内です。

2016年桜花賞

2016年の桜花賞の結果

ユッタリした平均ペースも、外を回した差しも十分届く内外フラットな馬場で、地力勝負レース。

2015年桜花賞

2015年の桜花賞の結果

馬場が乾いて内有利の馬場で、超スローペースの団子馬群になって圧倒的内先行有利に。超スローペースになったことで瞬発力が必要になって、瞬発力のない馬や、馬群の外を回したり差す競馬をした能力の低い馬はとてもじゃないけど太刀打ち出来ないレースになった。

2014年桜花賞

2014年の桜花賞の結果

1頭大逃げでペースが速まり馬群が縦長になって、実力のある差し・追い込み馬にとってはコーナーでの距離ロスがほとんどない願ってもない展開になり、差し脚がいかんなく発揮できるレースとなった。ただ、馬場としては土日とも固い軽い馬場で、少なからずコーナーで外を回した距離ロスは結果にも影響していると思うので、レースタイプを「CU」とした。

桜花賞2017出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

馬名が無い馬は、前走でチェックコメントを書き残していない馬です。

1枠1番ミスエルテ(朝日杯フューチュリティS)

ある程度のポジションで競馬してキレる脚が使えなかったところを見ると、やはりマイルは長いのかな?と思ったりする。1400mがベスト?

1枠2番ライジングリーズン(アネモネS)

やや外有利な馬場のハイペースで、この馬にとって持って来いのレースになった。

2枠3番サロニカ(エルフィンS)

出走取消。穴で狙ってみようかとも考えてたので残念です。

2枠4番ジューヌエコール(フィリーズレビュー)

直線に向いてモロ不利を受けたけど、不利がなくてもハイペースを先行したことで4着が精一杯だったと思う。それでも、先行した馬で唯一残しただけに、力があるのは間違いない。フットワークからゴール前平坦コース向き(阪神・中山以外が良さげ)っぽい。

3枠6番リスグラシュー(チューリップ賞)

2着馬に差されたのは不満。

コチラ↓のYoutubeでリスグラシューの詳細解説してます。

4枠8番カラクレナイ(フィリーズレビュー)

やや出遅れ後方からの競馬。馬群の大外をブン回しての差し切り勝ちは見た目通り強い競馬。ただ、ハイペースで差しが決まる競馬になったことも大きかった。軽い内有利な馬場とか、スローで前が残せる流れになったら取りこぼす。

コチラ↓のYoutubeでカラクレナイの詳細解説してます。

5枠9番ゴールドケープ(フィリーズレビュー)

出遅れ。結果的に出遅れが功を奏して、最後方からスムーズに追い込む競馬ができた。

5枠10番レーヌミノル(フィリーズレビュー)

直線で外から内に切れ込んで他馬に迷惑をかけたけど、外枠から馬群の外をブン回して直線に向いて内の馬を飲み込んで早めに先頭に立って粘り込んだのは、このメンバーではやはり力が上。このレースは外枠で、内の馬がハイペースで行ったことで控えたけど、スタート良くて楽に先行できる馬なので、マイルは少し距離が長い印象があるけど、内枠から先行してゆったりした流れになれば、桜花賞でも十分上位争いできると思う。

6枠12番アエロリット(クイーンC)

内にモタレるようなスタートでやや出遅れ。勝ち馬と0.1秒の着差からも、いつものようにスタートを決めていれば逆転まであったかも知れない。勝ち馬に外から差されてからも食い下がってたし。この結果からもマイル戦では世代上位は明らか。それでも桜花賞ではこのレースのように意外と人気しないと思うので、馬場傾向と枠順次第ではあるけど、狙ってみたい馬になるような気がする。

コチラ↓のYoutubeでアエロリットの詳細解説してます。

7枠13番ヴゼットジョリー(アーリントンC)

休み明けでも馬体重増加せず少し心配。

7枠14番ソウルスターリング(チューリップ賞)

同じ生産&馬主の12番がラビット役で速めのペースを作った感があった。好スタートから先行も、前半3F34.2秒のペースでも3コーナーまで掛かり気味で、3コーナーでジョッキーが馬の後ろに入れて行きたがるのを抑えた。このことからも、外枠よりも内枠の方が競馬はしやすいように思う。スタートは良いし馬群を割って切れる脚も使えるので。それにしてもパドックでの馬体&毛艶&気配が素晴らしかった!

コチラ↓のYoutubeでソウルスターリングの詳細解説してます。

7枠15番アドマイヤミヤビ(クイーンC)

パドック気配は前走の百日草特別の方が上だった。スタート直後からジョッキーの手が動きっぱなしだったことからも、これまでのスローペースとは違ってマイルの平均ペースは(初めてのこともあって)忙しい競馬だったんだと思う。それでも馬群の大外を回して上がり最速33.6秒の脚で差し切り勝ちは、絶対能力の高さを証明。桜花賞がパンパンの良馬場の内有利馬場になると厳しいと思うけど、内外フラットな馬場なら馬券圏内は大丈夫だと思う。でもやっぱりオークス向き。

コチラ↓のYoutubeでアドマイヤミヤビの詳細解説してます。

8枠16番ミスパンテール(チューリップ賞)

阪神JF2着の3着馬を差したのは力がある。

桜花賞2017の「勝ちポジ」予想

各印を打った理由など、予想の詳細は、↑上のYoutubeにてご確認ください。

本命◎:6枠12番アエロリット

対抗◯:7枠15番アドマイヤミヤビ

惑星☆:5枠10番レーヌミノル

ヒモ△:3枠6番リスグラシュー
ヒモ△:4枠8番カラクレナイ
ヒモ△:7枠14番ソウルスターリング

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。

プロフィール

プロフィール メンバー登録

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    ◎⑥リスグラシュー
    ◯⑭ソウルスターリング
    ▲⑫アエロリット
    △⑮アドマイヤミヤビ
    △⑱カワキタエンカ

    単勝+複勝◎、馬連◎◯=◎◯▲△△

    • サカタ より:

      リスグラシュー、おめですo(^▽^)o
      ソウルスターリング伸びなかったっすね。

      • おすだぬき より:

        ありがとうございますm(__)m

        馬連抜けなのでなんとも…(^-^;)

        騎手コメントも緩い馬場が合わないとのことなんで全くの想定外ってわけじゃなかったんでしょう…ダントツ人気だったので馬券的にはチャンスだったんですが残念です…(T_T)

  2. サカタ より:

    おはようございます(^O^)
    なんかソウルスターリングは崩れ無さそうなので馬券的には難しいっすm(_ _)m

    というわけで印はなしで
    ライジングリーズン
    リスグラシュー
    カラクレナイ
    レーヌミノル
    アエロリット

    のワイドBOXで賭金を均等買いではなく、変則で買いたいと思います。

  3. サカタ より:

    またもや、馬連BOX∑(゚Д゚)
    しかも、、、万

    どうせ負けるならカラクレナイ入って欲しかったm(_ _)m

  4. タツ より:

    えいじさんお疲れ様です♪えいじさんが、何かしらの印をつけた馬の馬券的中率が本当に神がかってます(^o^;)大本線は外れましたが、おかげさまで3連複とれました!

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      お役に立ててれば幸いです。
      ボク自身は馬券的に自分の予想に何ら恩恵を受けてません(泣)

  5. まさかず より:

    いつも拝見させていただいています。
    今回、世の中的には距離が長いと思われていたレーヌミノルがやや重のマイルを勝った事で、色々なところで色々な見解や回顧をしているんですが、
    その中で、『ピッチ走法が道悪にマッチした』といった見解をしている方が結構いました。
    決して、『ピッチ走法=道悪』ではないと思ってるんですが、その辺はどうでしょうか?
    今回に関しては、馬場とペースが勝ち馬に向いたと見るべきだと思ってまして、ぜひ見解をお聞かせください。

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      まだ詳しくレース回顧していないので何とも言えないんですけど、馬場と展開が向いたのも事実だろうし、ピッチ走法が道悪に合うのもそうかと思いますが、レーヌミノル自身も強い馬だと思います。

      • まさかず より:

        あーピッチ走法が道悪に合うのは間違ってないんですね!
        ただ、あのオッズ以上にレーヌミノルは強い馬なんですよね~。
        いつも本当に参考させていただいてます。
        特に、馬の個性や特徴についてのお話は非常に参考にさせていただいてます。
        これからも栄光の競馬道で勉強させていただきます。

        • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

          日々勉強。
          仮説→検証の繰り返しで自分の理論を確立させて行きましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)