阪神大賞典2017予想に:過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメント

シェアする

阪神大賞典2017

阪神大賞典は日曜日に行われる重賞レースですが、今のところ予想なしとする予定です。

もし気が変わって予想を公開する場合は、レース当日に、この記事に追記する形で公開します。

「勝ちポジ」予想を追記した場合は、記事タイトルの冒頭に【予想追記】と記して、更新日時を変更して、再アップします。

その場合、ツイッターでもお知らせツイートをしますので、チェックしてください。

では、阪神大賞典2017の過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントです。

スポンサーリンク

阪神大賞典2017の過去の傾向

阪神大賞典の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:42%
  • 複勝:51%

と、思った通り本命レースのようです。

過去10年の勝ち馬は5番人気以内の馬で占められていて、内8頭が3番人気以内です。

2016年阪神大賞典

2016年の阪神大賞典の結果
LAP:73.8-72.4(-1.4) RPCI:55.8

内回り周回コースはスローペースでもフラットで地力勝負になる馬場で、内回り周回コースを1周半するこのレースも地力勝負レースに。

2015年阪神大賞典

2015年の阪神大賞典の結果
LAP:73.3-73.1(-0.2) RPCI:54.1

馬場傾向としては、時計は掛かるけど内有利な馬場。このレースは、前半ペースが速まって、その後一旦中弛みの後、また後半ペースが上がる厳しい流れになって、底力の必要な地力勝負レースになった。

2014年阪神大賞典

2014年の阪神大賞典の結果
LAP:75.6-72.7(-2.9) RPCI:60.4

内優勢の馬場で、このレースはスローペースも少頭数だったこともあって、2周目の3~4コーナー以外はほぼ1列の隊列で、各馬ロスはあまり無かった。

阪神大賞典2017出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

馬名が無い馬は、前走でチェックコメントを書き残していない馬です。

3枠3番シュヴァルグラン(有馬記念)

枠ナリに外々を回した距離ロスが大きかった。内外フラットな馬場の地力勝負レースでこそ。

7枠7番ワンアンドオンリー(AJCC)

良くも悪くもこれぐらい。

8枠9番サトノダイヤモンド(有馬記念)

斤量差が2kgあったのが坂を登り切ってから差し切れた大きな要因ではあるけど、2,3着馬が1枠からほぼロスのない競馬をしたのに対して、この馬は外枠から差す競馬でそれなりの距離ロスがあったのも事実。強い2着馬との力差は、現時点でほぼ互角じゃないかと思う。ただ、まだ中山のゴール前の急坂はこの馬にとって難所みたい。

プロフィール

プロフィール メンバー登録

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    《阪神大賞典》
    ◎③シュヴァルグラン
    ◯⑨サトノダイヤモンド
    ▲⑥レーヴミストラル
    △④トーセンバジル
    △②ウインスペクトル

    単勝◎、馬連◎=▲△△
    三連単◎→◯→▲△△

  2. まさかず より:

    いつも拝見させていただいてます。
    Twitterをやってないので、こちらにて書き込みさせていただきます。
    知ってましたか?
    日曜日と、月曜日で、
    里見オーナーの馬が全頭、
    馬番が9番なんです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)