【予想追記】きさらぎ賞2017予想:過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想

シェアする

きさらぎ賞2017

きさらぎ賞2017の過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想です。

スポンサーリンク

きさらぎ賞2017の過去の傾向

きさらぎ賞の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:64%
  • 複勝:82%

と、基本的に本命寄りのレースではあるけど、思ってるほど本命本命しているワケではない感じです。

ヒモはソコソコ穴目も来てるみたいです。

2016年きさらぎ賞

2016年きさらぎ賞の結果
LAP:47.5-47.1(-0.4) RPCI:51.9

フラットな馬場で平均ペースで流れて地力勝負。

2015年きさらぎ賞

2015年きさらぎ賞の結果
LAP:48.9-47.0(-1.9) RPCI:55.9

内有利な馬場で、コーナーで距離損なく内を回した馬が得をした「コーナー部内有利:CU」なレース。

2014年きさらぎ賞

2014年きさらぎ賞の結果
LAP:47.4-47.7(+0.3) RPCI:49.2

ペースによって有利不利が変化する馬場で、このレースは少頭数でも平均的なペースでレースが流れて地力勝負になった。

きさらぎ賞2017出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

馬名が無い馬は、前走でチェックコメントを書き残していない馬です。

1枠1番サトノアーサー(500万)

追い切りの動きが怪物級だった。フワっとしたスタートで後方からの競馬。超々スローのUSを脅威の上がり32.7秒の脚で楽々差し切り0.6秒差圧勝。前脚の上がる大きなフットワークは、父を彷彿させる。頭の低さは気にならなかった。パドックでの雰囲気が良くなれば言うことなしやけどなー

コチラ↓のYoutubeでサトノアーサーの詳細解説してます。

3枠3番タガノアシュラ(朝日杯フューチュリティS)

差す競馬では分が悪い。

4枠4番ダンビュライト(朝日杯フューチュリティS)

全く良いトコロが無かった。どーした?

5枠5番プラチナヴォイス(京都2歳S)

直線で前がカットされてジョッキーが立ち上がるほどの不利があったけど、不利がなくても馬券圏内は無かったと思う。

きさらぎ賞2017の「勝ちポジ」予想

各印を打った理由など、予想の詳細は、↑上のYoutubeにてご確認ください。

本命◎:4枠4番ダンビュライト

対抗◯:1枠1番サトノアーサー

単穴▲:3枠3番タガノアシュラ

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    【きさらぎ賞】
    ◎⑤プラチナヴォイス…距離短縮で適距離に
    ◯①サトノアーサー
    ▲⑧スズカメジャー
    △⑦アメリカズカップ
    △④ダンピュライト

    単勝◎
    三連単◎◯→◎◯▲→◎◯▲△△(12点)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)