【予想追記】AJCC2017予想:過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想

シェアする

AJCC2017

AJCC2017の過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想です。

スポンサーリンク

AJCC2017の過去の傾向

AJCCの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:43%
  • 複勝:74%

と、特に勝ち馬は本命寄りのレースであることが分かります。

過去10年の勝ち馬は5番人気以内の馬で占められているので、1着軸は人気馬から選ぶのが良さそうです。

2016年AJCC

2016年AJCCの結果
LAP:60.8-59.2(-1.6) RPCI:50.5

内外フラットな馬場で、残り6Fから12秒フラット~11秒台のラップが続く地力が問われる流れになって地力勝負レースに。

2015年AJCC

2015年AJCCの結果
LAP:63.0-58.7(-4.3) RPCI:58.8

超の付くスローペースになったことで顕著に内先行有利に。後方から馬群の外を回した差し馬にとっては、非常に厳しい競馬になった。

2014年AJCC

2014年AJCCの結果
LAP:61.1-60.6(-0.5) RPCI:47.5

フラット~ペースが流れれば外差しが決まる馬場で、このレースはペースが流れて外差し決着となった。

AJCC2017出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

馬名が無い馬は、前走でチェックコメントを書き残していない馬です。

1枠2番クラリティスカイ(中山金杯)

パドックで大外を歩いて好気配だったので、調子も上がってきていたんだと思う。内よりも外を回した方がやや有利な馬場傾向で、トップハンデを背負って内枠から先行して最内回して0.1秒差2着は評価できる内容。パドックで大外を好気配で歩いていれば調子を維持していると判断して買い。

2枠4番シングウィズジョイ(エリザベス女王杯)

中枠も先行馬少なく楽に先行して最内を距離ロス無く回した順馬の競馬で2着。

4枠8番タンタアレグリア(天皇賞・春)

コーナーでの距離ロスを抑えた蛯名騎手の好騎乗。

5枠10番ゼーヴィント(福島記念)

勝った馬が絶妙な競馬した。フツーに地力勝負レースで2着の評価でOK。

7枠13番リアファル(金鯱賞)

長期休明け初戦だけに良く頑張ったけど、この好走が評価されて次走で人気するようなら期待値的に嫌いたい。

8枠17番クリールカイザー(アルゼンチン共和国杯)

スローペースの逃げで展開としては絶好も、それ以上に差しが利く馬場で、展開利が生きなかった。追い切りの動きからも走れる態勢は整ってきているハズなので、展開利が見込めるなら積極的に狙ってみたい。

AJCC2017の「勝ちポジ」予想

各印を打った理由など、予想の詳細は、↑上のYoutubeにてご確認ください。

本命◎:4枠8番タンタアレグリア

対抗◯:5枠10番ゼーヴィント

単穴▲:1枠2番クラリティスカイ
惑星☆:3枠6番ルミナスウォリアー

ヒモ△:6枠11番ナスノセイカン
ヒモ△:6枠12番ショウナンバッハ

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    【AJCC】
    ◎④シングウィズジョイ
    ◯⑩ゼーヴィント
    ▲①ミライヘノツバサ
    △②クラリティスカイ
    △⑥ルミナスウォリアー

    単勝◎、馬連◎◯=◎◯▲△△

    【東海ステークス】
    ◎⑧グレンツェント
    ◯⑨ピオネロ
    ▲①アスカノロマン
    △⑤インカンテーション
    △⑯ロワジャルダン

    単勝◎、馬連◎=◯▲△△

  2. からす より:

    本命対抗、いつもお見事ですね!

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      ブログ予想の的中は久しぶりだったりします(汗)

  3. おすだぬき より:

    ◎◯的中おめでとうございます!(^_^)

    小さめの蔵が建ちますね♪(^-^)

  4. なごやん より:

    タンタアレグリア本命に脱帽です!

  5. […] 予想は毎回動画で詳しくされていますので、ぜひ今回の予想も見てみてください。 […]

  6. まさかず より:

    いつも拝見させていただいてます。
    AJCC的中おめでとうございます!
    僕自身はタンタアレグリアを、調教は動き良く見えたのですが、
    長期休養明け初戦ではさすがに厳しいのかなと思って軽視していました。(汗)
    で、2015年7月のブログで休養明け初戦と2戦目の買いか消しかみたいな記事の事を思い出して今読み返してみたのですが、
    これは今でも同じような数値になるのでしょうか?
    これからも勉強させていただきます。

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      あの記事はお宝記事なのでコッソリ消しておかないと・・・(笑)
      あの後、分析はしてませんが、感覚的に変わってないと思います。
      休養明け初戦で激走した馬は、次走でポカる確率大です。買わない方が得します。
      逆に、休養明け初戦で凡走した馬が2走目で激変して穴を出すことが良くあります。
      これはあくまでも感覚的ですが、参考まで(o^-‘)b

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)