フェアリーS2017予想に:過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメント

シェアする

フェアリーS2017

今年から重賞レース予想は、日曜日のレースに絞ってやって行くことに決めました。

詳しくは↓コチラの記事をご参照ください。

2016年は馬連126.4%,馬単150.8%、G1は馬連217.6%,馬単280.3%、来年は新たなチャレンジ!
この記事は、2016年12月26日に配信した【メンバー通信】の転載です。 2016年1年間、この栄光の競馬道ブログで公開してきた重賞予...

フェアリーSは日曜日に行われる重賞レースですが、前走で僕がコメントを残した馬が1頭も出走しないというレースなので、予想なしとさせてもらいます。

予想を公開しない重賞レースに関しては、過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントを書いておきます。

では、フェアリーS2017の過去の傾向と、出走馬の前走チェックコメントです。

スポンサーリンク

フェアリーS2017の過去の傾向

フェアリーSの過去9年(2008年はレースが無かったみたい)の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:166%
  • 複勝:89%

と、荒れているレースであることが分かります。

11番人気が3頭も勝っているように、荒れる時は頭から大荒れになるレースみたいです。

2016年フェアリーS

2016年フェアリーS結果
LAP:47.5-46.8(-0.7) RPCI:51.7

団子馬群が3~4コーナーまで続くも、4コーナー手前から馬群が縦長に変化して行く(逃げ馬のペースアップに後続がついて行けなくなる)典型的な内先行パターンになる流れで、結果も内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)になった。

2015年フェアリーS

2015年フェリーS結果
LAP:48.1-47.1(-1.0) RPCI:50.4

内外フラットな馬場で地力勝負。パワータイプの馬が好走。

2014年フェアリーS

2014年フェアリーS結果
LAP:48.1-48.2(+0.1) RPCI:48.2

外を回しても全く不利にならない、というよりもペースやコース(距離)によっては外を回した方が優勢になる力の要るフラットな馬場で、緩めのペースでも力勝負に。出走メンバーが1勝馬のみで実質は3歳牝馬限定の500万のレースで、時計的にもペースが緩んだとはいえ当日の未勝利よりも遅い時計での決着となり、とてもじゃないけど重賞とは言えないレベルの低いレース。あくまでもレベルの低い3歳牝馬限定の500万のレースと考えるのが良さそう。

フェアリーS2017出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

馬名が無い馬は、前走でチェックコメントを書き残していない馬です。

前走でチェクコメントを書き残した馬は居ません。

冒頭でも書いた通り、このフェアリーSは、前走でチェクコメントを書き残した馬が1頭も居ませんでした。

こんなこと、このブログでこの形式になって数回しかないことだと思います。

プロフィール

プロフィール メンバー登録

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    【フェアリーS】
    ◎①コーラルプリンセス
    ◯③アエロリット
    ▲⑥ヒストリア
    △⑮ライシングリーズン
    △⑬パフォーム
    単勝◎、馬連◎◯=◎◯▲△△

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)