有馬記念2016予想に サトノダイヤモンドの近走評価と馬の特徴

シェアする

有馬記念2016出走有力各馬の個別解説ビデオを撮りました。

この記事では、サトノダイヤモンドの近走評価と、馬の特徴についてです。

僕がレース回顧をして書き残したチェックコメントも一緒に紹介しますので、レースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

スポンサーリンク

サトノダイヤモンドの近走評価と馬の特徴

2016年菊花賞時のサトノダイヤモンドの解説は↓コチラ

サトノダイヤモンドの5走前:きさらぎ賞

きさらぎ賞のレースコメント
フラットな馬場で平均ペースで流れて地力勝負。

きさらぎ賞のチェックコメント
初めて左ムチが一発入ったけど、ムチを入れられても動じることは一切なく、直線は真一文字に左手前のまま真っ直ぐ走り切った。直前の追い切りの動きから当日のパドック気配,優等生なレース内容まで、ケチの付けるところは無い。ホント素晴らしい!個人的には、もう少し逞しくなって欲しいけどなー。

サトノダイヤモンドの4走前:皐月賞

皐月賞のレースコメント
ペースが流れるとやや外が有利な馬場で、このレースは意外にもハイペースになって、外差し有利の競馬になった。1~2コーナーで6番手までと7番手以降では少し差が付いていたように、2コーナーを6番手以内で通過した馬たちにとっては、2000mを走り切るにはそれなりに厳しいペースだったように思う。

皐月賞のチェックコメント
相変わらずゲート内でジッとして好スタート切るも、内外の各馬が速めに行くのを見て控えて中団からの競馬。勝ち切っても不思議じゃない競馬だったけど、このレースに関しては、更に後ろのポジションで競馬した上位2頭に分があった。それでもシッカリ3着を確保したし、ここを使って大幅な上積みが見込める次走、大目標の日本ダービー制覇に向けて視界良好じゃないかと思う。

サトノダイヤモンドの3走前:日本ダービー

日本ダービーのレースコメント
標準的な東京コースらしい内外フラットな馬場で、ペースも流れて縦長馬群になって、完全地力勝負レース。

日本ダービーのチェックコメント
向こう正面での左後肢落鉄が8cm負けの敗因。その他は全てが完璧だった。最後の一冠でリベンジ。

サトノダイヤモンドの2走前:神戸新聞杯

神戸新聞杯のレースコメント
阪神外2400m戦で内外フラットな馬場なら、通ったコース(内・外)による有利不利も、前・後のポジションの有利不利も無い地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

神戸新聞杯のチェックコメント
直線追い出しを遅らせて楽な競馬で勝つ予定も、内から2着馬に迫られて本気で追わされる誤算でタイム差無しの辛勝。本番に向けては2着でも良かったように思わなくもないけど、本気で走った経験が次走の本番に活きれば。阪神より京都向き。

サトノダイヤモンドの前走:菊花賞

菊花賞のレースコメント
差しは届くけど内有利な馬場でコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)。

菊花賞のチェックコメント
地力で勝ちに行く競馬で3~4コーナーで馬群の外を回した時は少し心配したけど、力の違いで0.4秒差1着。机上の距離ロス換算でも1着。現時点では京都の外回りコースがベスト。

↓有馬記念2016の予想にコチラも参考にどうぞ!

【枠順確定】有馬記念2016予想に 全ステップレースまとめなど
(写真:JRA) 有馬記念2016の「全ステップレースまとめ」を作成しました。 レース結果だけでなく、ぜひともステップレース...
プロフィール

プロフィール メンバー登録

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)