ジャパンカップ2016予想に ゴールドアクターの近走評価と馬の特徴

シェアする

ジャパンカップ2016出走有力各馬の個別解説ビデオを撮りました。

この記事では、ゴールドアクターの近走評価と、馬の特徴についてです。

僕がレース回顧をして書き残したチェックコメントも一緒に紹介しますので、レースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

スポンサーリンク

ゴールドアクターの近走評価と馬の特徴

2016年天皇賞(春)時のゴールドアクターの解説は↓コチラ

ゴールドアクターの5走前:アルゼンチン共和国杯

アルゼンチン共和国杯のレースコメント
雨が降って前日から馬場が一変。逃げ馬が内を開けて走りだして、こうなると最内と馬群の大外は厳しくなる。このレースは超スローペースで流れたこともあって、「中先行」のポジションが「勝ちポジ」となった。

アルゼンチン共和国杯のチェックコメント
順馬の競馬で1着。

ゴールドアクターの4走前:有馬記念

有馬記念のレースコメント
極端なスローペースで流れたので、このレースのレースタイプを「US」としたけど、土曜日ほど内有利な馬場では無かったので、机上で距離ロス換算をするなら、通常の半分で計算するぐらいが丁度良さそう。

有馬記念のチェックコメント
それでもやっぱり走法からはゴール前平坦コースの方が合ってるのは間違いないので、春の天皇賞は当然有力。

ゴールドアクターの3走前:日経賞

日経賞のレースコメント
外を回しても全くロスにならない馬場で、このレースは超々スローペースで流れて前有利に。

日経賞のチェックコメント
レースタイプにマッチした勝ちに行く競馬で1着。レースタイプにマッチした順馬の競馬も、58kgを背負ってなので、他馬とは力が一枚上。先行できるので大崩れなく安定して結果を残せるのが強み。走法からも京都・東京の方が良さそう。

ゴールドアクターの2走前:天皇賞(春)

天皇賞(春)のレースコメント
やや内有利な馬場でスローペースで流れて、レースタイプとしてはややコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には、やや「CU」)になった。ただ、机上で距離ロス換算する場合は、通常の距離ロスの半分で計算するぐらいで良い。

天皇賞(春)のチェックコメント
結果的に外枠が堪えた。

ゴールドアクターの前走:オールカマー

オールカマーのレースコメント
完全地力勝負馬場で、通ったコース(内・外)による有利不利も、前・後のポジションの有利不利も無い地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

オールカマーのチェックコメント
このレースを使ってまたお休みしてジャパンカップへ向かうローテーションで、抜群の調教の動きからもこのレースは勝ちに来てた。

↓ジャパンカップ2016の予想にコチラも参考にどうぞ!

【枠順確定】ジャパンカップ2016予想に 全ステップレースまとめなど
(写真:JRA) ジャパンカップ2016の「全ステップレースまとめ」を作成しました。 レース結果だけでなく、ぜひともステップ...
著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)