ルージュバックの近走評価と馬の特徴~天皇賞(秋)2016予想に

シェアする

天皇賞(秋)2016出走有力各馬の個別解説ビデオを撮りました。

天皇賞(秋)2016予想のために解説したのは、「netkeiba.com」さんの予想オッズで上位になっていた、モーリス,ルージュバック,アンビシャスの3頭です。

この記事では、ルージュバックの近走評価と、馬の特徴についてです。

僕がレース回顧をして書き残したチェックコメントも一緒に紹介しますので、レースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

スポンサーリンク

ルージュバックの近走評価と馬の特徴

ルージュバックの5走前:有馬記念

有馬記念のレースコメント
極端なスローペースで流れたので、このレースのレースタイプを「US」としたけど、土曜日ほど内有利な馬場では無かったので、机上で距離ロス換算をするなら、通常の半分で計算するぐらいが丁度良さそう。

有馬記念のチェックコメント
10着でも道中の距離ロス大きくて、内容としてはそこまで悲観する内容ではない。直線の長い差せるコースの差せる馬場がベスト。

ルージュバックの4走前:中山牝馬S

中山牝馬Sのレースコメント
ハンデ戦で最下位までが0.7秒差の大接戦になったということで、レースタイプを「ハ」にしようかとも思ったけど、残り800mから一気にペースアップした上がり4Fだけの競馬で、上がり勝負に強い馬と先行馬が有利になったレースなので、レースタイプを「瞬」とした。

中山牝馬Sのチェックコメント
勝ち馬と斤量差が2kgあってタイム差無しなら、当然ながら力負けではないし、瞬発力勝負でも全然見劣ってない。明らかにこのメンバーではNo.1。

ルージュバックの3走前:ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイルのレースコメント
東京のマイル戦で、内外フラットな馬場で平均ペースで流れれば、完全地力勝負レースになって当然。絶対的な地力が必要になったレース。

ヴィクトリアマイルのチェックコメント
現時点では上位馬が強かった。

ルージュバックの2走前:エプソムC

エプソムCのレースコメント
内外フラットな完全地力勝負馬場で、スローペースでも地力勝負。

エプソムCのチェックコメント
追い切りの動きが抜群。大外枠も全く不利にならない完全地力勝負馬場で、G1以外で負けたのは落鉄して2着の中山牝馬Sだけのこの馬が、54kgの斤量なら完勝して当然。東京コースも合ってる。

ルージュバックの前走:毎日王冠

毎日王冠のレースコメント
直線外からの差し・追い込みが利く馬場で、このレースも内を通った逃げ・先行馬が完全に止まって、直線で馬場の外を通って差す競馬をした馬が有利なレース(「栄光の競馬新聞」的には「SS」)になった。

毎日王冠のチェックコメント
絶好の枠からスムーズに差す順馬の競馬で1着。前走に引き続き54kgと斤量も軽く、得意の東京で勝つべくして勝った印象。得意の東京コースであっても、内有利な馬場では取りこぼしがある。

↓天皇賞(秋)2016の予想にコチラも参考にどうぞ!

【枠順確定】天皇賞(秋)2016予想に 全ステップレースまとめなど
(写真:JRA) 天皇賞(秋)2016の「全ステップレースまとめ」を作成しました。 レース結果だけでなく、ぜひともステップレ...
著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)