【予想追記】京都大賞典2016予想:出走馬の前走チェックコメントと「勝ちポジ」予想

シェアする

京都大賞典2016

京都大賞典の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝回収率:197%
  • 複勝回収率:105%

と、ドえらく荒れています。

理由は、忘れもしない2013年のヒットザターゲット(単勝166.2倍)の激走です。

そう、「勝ちポジ予想理論」で狙い撃ちして的中させた思い出のレースです。

ただ、馬券は複勝のみ。(単勝も買わなアカンやろー!苦笑)

2013年京都大賞典複勝

今年はこんな超大穴は居ないですね。

では、京都大賞典2016出走馬の前走チェックコメントと「勝ちポジ」予想です。

スポンサーリンク

京都大賞典2016出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

馬名が無い馬は、前走でチェックコメントを書き残していない馬です。

1枠1番キタサンブラック(宝塚記念)

このレースを逃げてタイム差無しの3着は非常に強い競馬。この馬の能力の高さを証明した。

2枠2番ファタモルガーナ(天皇賞・春)

パドック気配の良さからも調子も良かったんだと思う。それなりのスタートを切って先行してたんやけど、なぜか徐々にポジションを下げて後方からの競馬に。外々回す大きな距離ロスをしながらタレることなく最後まで一生懸命頑張ってよく走った。やっぱりこの馬は強い!来年はサスガに無理かな?でも、何処かでもうひと花咲かせて欲しいし、咲かせることが出来る!この馬が出走するレースは全部買いたい!

3枠3番アドマイヤデウス(天皇賞・春)

絶好の競馬するも0.6秒差9着。もっと走れても良いと思ったけどなー

7枠8番サウンドオブアース(天皇賞・春)

残り200mで完全に諦めて流してた。もっと走っても良さそうな競馬やったけどなー

8枠10番ラブリーデイ(宝塚記念)

ベストの条件では無いにも関わらず0.2秒差4着は、改めてこの馬の中距離戦での能力の高さを証明した。フォトパドックで良く見せる時は走る!

京都大賞典2016の「勝ちポジ」予想

「内有利な馬場」で、「平均ペース」想定で、「勝ちポジ」は「内」(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)と予想します。

コーナー部内有利

本命◎:2枠2番ファタモルガーナ

浜中騎手に替わって、この絶好の内枠を活かして好位の内で完璧な競馬をしてくれると信じて本命◎指名!この馬は本当はもの凄く強い馬なんだよっ!!

対抗◯:1枠1番キタサンブラック

この馬が絶好の最内枠に入ってしまっては逆らいにくい。

惑星☆:8枠9番ヒットザターゲット

この枠からでも後方に下げて最内をロスなく回して脚を溜めれば、G1超級のキレッキレの脚で差し込んで来ることも十分考えられる。

馬券は、本命◎,惑星☆⇒対抗◯⇒7を除く全馬への3連複流しとかを小銭で買ってみようかな?と思ったりしてます。

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)