セントライト記念2016のレース回顧と、2016年の菊花賞馬はアノ馬!

シェアする

セントライト記念2016結果

セントライト記念2016の「勝ちポジ」予想はこんな予想でした↓

【予想追記】セントライト記念2016予想:出走馬の前走チェックコメントと「勝ちポジ」予想
土曜日の競馬を見る限りでは、週末の雨を想定して念入りな馬場整備が行われたようで、明らかに内有利な馬場傾向になっていましたが、さて日曜...

皐月賞馬が強い競馬で完勝。

本命◎に推したプロディガルサンですが、直線で一瞬「差し切るか?」と思わせたけど、急坂+内から勝ち馬に寄られたのも重なってブレーキが掛かって3着。

まあ、このレースは勝ち馬が強かったですわ。

では、セントライト記念2016のレース回顧と次走以降の注目馬です。

スポンサーリンク

セントライト記念2016のレース回顧

完全地力勝負馬場で、通ったコース(内・外)による有利不利も、前・後のポジションの有利不利も無い地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

セントライト記念2016の次走以降の注目馬

特になし。

このレースに関しては、積極的に次走で狙いたいと思う馬は居ません。

編集後記

本番の菊花賞(京都外3000m)は、何やかんや言うても内有利の軽い馬場で行われることが殆ど(近5年中、4年が内有利な馬場)なので、勝ち馬のディーマジェスティ向きの馬場じゃないんですよ。

今年の5強(皐月賞もダービーも1~5着は同じ馬が占めた)の中では、圧倒的に来週(神戸新聞杯)出走予定のあの馬向きの馬場なんですよ。

フットワークとかからも、今年の菊花賞が例年通り内有利な馬場で行われたら、来週(神戸新聞杯)出走予定のあの馬が菊花賞を制すると思うなー。

さすがに7,8枠に入ったらちょっと不安はあるけど、内目の枠を引いた日にゃ、圧勝もあるんちゃうかな?って思ってます、ハイ。

プロフィール

プロフィール メンバー登録

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)