【予想追記】紫苑S2016予想:出走馬の前走チェックコメントと「勝ちポジ」予想

シェアする

紫苑S2016

今年から重賞レースに格上げされた秋華賞トライアルの紫苑S。

例年、時計が速くて勝ち馬が強い競馬をしたように見えるけど、本番では成績が出てないのがこのレースの特徴ですが、重賞に格上げされたこともあるのか、今年は秋華賞で好勝負できそうな馬が何頭か出走してきました。

今年は本番の秋華賞に直結するかも知れないので、本番に向けて要注目のレースです。

では、紫苑S2016出走馬の前走チェックコメントと「勝ちポジ」予想です。

スポンサーリンク

紫苑S2016出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

馬名が無い馬は、前走でチェクコメントを書き残していない馬です。

5枠9番ヴィブロス(500万)

500万牝馬限定では力が違いすぎた感じ。

5枠10番パールコード(フローラS)

勝ち馬とほぼ同じ位置にいて0.5秒差完敗。2走前にレベルの高い皐月賞7着馬と0.2秒差の競馬をしていて、前走もSSを4角先頭から押し切って完勝していただけに、この馬もナカナカの力の持ち主だった。それだけ勝ち馬が強かったということ。

8枠16番エンジェルフェイス(オークス)

2番手で競馬して0.6秒差はそれなりに評価できるかも?楽な競馬よりも厳しい競馬の方が力を発揮できる馬なのかも?

8枠18番ビッシュ(オークス)

4角14番手の馬がワン・ツーした差し競馬を、4コーナー手前から馬群の外をマクリ気味に好位まで上がって行くという、フツーのスローの東京2400m戦でも厳しい競馬をしながら、0.1秒差の3着は非常に立派。まだ1000万クラスの身で、これだけの競馬が出来るのであれば、自己条件では力が違う。

紫苑S2016の「勝ちポジ」予想

馬場は(スローペースなら内がやや得するも)たぶん基本は内外フラットで、ペースは平均ペース想定です。

「内外フラットな馬場」で「平均ペース」ということで、「勝ちポジ」は「地力勝負」(「栄光の競馬新聞」的には「力」)と予想します。

地力上位の馬がフツーに結果を出すんじゃないかと。

本命◎:1枠2番フロンテアクイーン

対抗◯馬とどっちを本命◎馬にしようか迷ったけど、フローラSではこの馬の方が強い競馬をしたと思ったし、多頭数で結果的に内が得をするレースになるかも知れないし、まあそれ以上にこの馬の方が人気が無いから。

対抗◯:5枠10番パールコード
ヒモ△:8枠18番ビッシュ

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)