札幌記念2016のレース回顧と次走以降の注目馬と、競馬本がストーリー仕立てなら読みやすい?

シェアする

札幌記念2016結果

札幌記念2016の「勝ちポジ」予想はこんな予想でした↓

【予想追記】札幌記念2016予想:出走馬の前走チェックコメントと「勝ちポジ」予想
土曜日、テレビでグリーンチャンネルを見ながら、ネットで陸上男子400mリレーの決勝を観ました。 ゴール前は競馬以上に興奮しまし...

上位人気決着になる想定で予想して、結果的に1~5番人気が掲示板を独占する想定通りの人気上位決着にはなったんですけど、本命◎馬に指名したヤマカツエース(3人気)は、見せ場は作ったものの5着。

しかし、ネオリアリズムが逃げるとは・・・しかも、ハイペースで逃げてモーリスを完封して圧勝するとは・・・

僕にはとてもじゃ無いけど↑この展開と結果を予想することは出来ません。

ちなみに、この記事のサムネイル画像のネオリアリズム単勝的中馬券は、年間を通して僕が買い続けている出目がたまたまヒットしただけです、ハイ(汗)

では、札幌記念2016のレース回顧と次走以降の注目馬です。

スポンサーリンク

札幌記念2016のレース回顧

雨降りの力の要る馬場で、ペース速まって地力勝負。

札幌記念2016の次走以降の注目馬

レインボーライン

直線馬場の真ん中を1頭で真っ直ぐ走ったのに好感。想像以上に力を付けているかも知れない。個人的に次走注目!

編集後記

近年は、1年間で(競馬本は除いて)2,3冊ぐらいしか本を読まない僕が、最近、立て続けに本を2冊買って読みました。

どちらもストーリー仕立てになってる自己啓発本なんですけど、いつもはダラダラと数週間(時には数ヶ月,また時には数年)かけて1冊の本を読む僕が、2冊とも一気に2日で読み切ってしまいました。

書いてあることがシンプルで文字数が少ないということが、こんな僕でも2日で読み切れた最大の理由なんでしょうけど、それ以上に、物語(ストーリー)で書かれてあることも大きいように思いました。

僕が書いた「Be Winning Horseplayer」や「投資競馬運用バイブル」もストーリー仕立てで書いたら、もっと読みやすいんでしょうかね?(笑)

もし僕がまた競馬本を書くのなら、その時は物語調で書いてみようかな?とか妄想したりしました。

ただ、僕には物語を書くほどの文才がないので、まあ99%無理でしょうけどね(苦笑)

ちなみに、僕が一気に読んだ本は↓この2冊です。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)