アンビシャスの近走評価と馬の特徴~宝塚記念2016予想に

シェアする

アンビシャス2016宝塚記念

今月は諸事情により、メール,ツイッターの返信,ブログの更新等が滞っています。

今週末は春を締めくくるグランプリレース宝塚記念ですが、恒例の「出走有力馬を個別に解説するYoutube動画」も撮影できず、公開を楽しみにしてくださっている皆さんには、本当に申し訳ありませんm(_ _)m

ビデオは撮影できませんが、何とか記事は書くことができましたので公開します。

この記事では、アンビシャスの近走評価と、馬の特徴についてです。

僕がレース回顧をして書き残したチェックコメントも一緒に紹介しますので、レースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

スポンサーリンク

アンビシャスの近走評価と馬の特徴

アンビシャスの5走前:ラジオNIKKEI賞

アンビシャスラジオNIKKEI賞

ラジオNIKKEI賞のレースコメント
平均ペースで流れるも開幕週の顕著な内有利な馬場で内先行有利に。

ラジオNIKKEI賞のチェックコメント
内枠から内々をロスなく回して直線もスムーズに外に出すことができて、ほぼ完璧な競馬をして0.6秒差圧勝。ただ、外枠から外を回されていても恐らく勝ち切れていたと思うので、このメンバーでは能力が一枚も二枚も上。

アンビシャスの4走前:毎日王冠

アンビシャス毎日王冠

毎日王冠のレースコメント
圧倒的に内有利な馬場で、スローペースで流れては内先行有利になって当然。後方からの競馬になった馬たちにとっては厳しい競馬になった。

毎日王冠のチェックコメント
出遅れて最後方からの競馬では、サスガにこのスローペースでは厳しい。

アンビシャスの3走前:天皇賞(秋)

アンビシャス天皇賞秋

天皇賞(秋)のレースコメント
前日ほどではないにしろ、スローペースでも差しが届く馬場で、このレースはスローペースで流れて地力勝負に。ただ、どちらかと言えば先行馬よりも差し馬有利だった。

天皇賞(秋)のチェックコメント
4コーナーを回って直線に向いた時はこの馬が勝つんじゃないかと思うも、0.2秒差5着。現時点では上位馬が強かった。

アンビシャスの2走前:中山記念

アンビシャス中山記念

中山記念のレースコメント
開幕週も明らかに外有利な馬場で、緩むことのない平均ペースで流れたことで、外から差す馬にとって絶好の競馬になった。

中山記念のチェックコメント
順馬の絶好の競馬で2着。直線が長くて差し脚が活きるということだけでなく、ゴール前で頭が下がっていたので、中山よりも東京の方が良いタイプの馬かも知れない。

アンビシャスの前走:大阪杯

アンビシャス大阪杯

大阪杯のレースコメント
内有利な馬場でスローペースで流れて内先行有利。差し馬には非常に厳しい競馬になった。

大阪杯のチェックコメント
スタート自体は良くはなかったけど、スローペースを見越して馬群の中に入れずにあえて馬群の外のポジションを維持してヨコテンさんが意識的に先行させた好騎乗での勝利。ただ、スタートが遅いのはいつも通りだったので、次走も同じように先行できるとは限らない。基本的には差す競馬をする馬だと思ってた方が良いと思う。この勝利は56kgと他馬より斤量が軽かったことと、ヨコテンさんの好騎乗によるものなので過信禁物。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)