【予想追記】京都新聞杯2016予想:出走馬の前走チェックコメントと「勝ちポジ」予想

シェアする

京都新聞杯2016

去年の勝ち馬サトノラーゼンがダービー2着,2013年の勝ち馬キズナがダービー馬,2012年の勝ち馬トーセンホマレボシがダービー3着と、近年ダービーに繋がっている京都新聞杯。

では、京都新聞杯2016出走馬の前走チェックコメントと「勝ちポジ」予想です。

スポンサーリンク

京都新聞杯2016出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

馬名が無い馬は、前走でチェクコメントを書き残していない馬です。

2枠2番スマートオーディン(毎日杯)

スローの上がり勝負を直線肩ムチだけで上がり32.7秒の脚を楽々使って完勝。このメンバーでは力が違った。調教でもの凄い時計で走ってて、-10kgと馬体が絞れたのも良かったのかも?

3枠4番スワーヴアーサー(未勝利)

スローのUSを最内枠も四位Jらしく外に出して差す競馬で1着はそれなりに強い競馬。

5枠7番エルプシャフト(未勝利)

母ビワハイジ。スローのUSをCC回すロスしてロス無かった2~4着馬に0.2秒差はロス換算では完勝。本質的にはゴール前平坦コース向きじゃないかと思う。

6枠9番ロイカバード(きさらぎ賞)

勝った馬が強すぎたけど、この条件で2着馬に差されたのは少し不満。

7枠11番アグネスフォルテ(500万)

直線前壁で2度立ち上がるような不利受けて追えず追わず完全に脚を余した。

京都新聞杯2016の「勝ちポジ」予想

馬場はやや内有利で、ペースはスローペース想定で、「勝ちポジ」は「内」(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)想定で予想します。

内

本命◎:4枠5番ユウチェンジ

ここまで人気が無いなら是が非でも買いたい。3着で良いよ!

対抗◯:2枠2番スマートオーディン

馬体から2200mは少し長いと思うけど、この時期の同級生同士の戦いでペースも緩むなら、絶対能力の差で勝ち負け必至。

馬券はシンプルに、本命◎の単(&複)と、本命◎=対抗◯の馬連&ワイドで。

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。

プロフィール

プロフィール メンバー登録

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)