イモータルの近走評価と馬の特徴~NHKマイルC2016予想に

シェアする

NHKマイルC2016出走有力各馬の個別解説ビデオを撮りました。

NHKマイルC2016予想のために解説したのは、「netkeiba.com」さんの予想オッズで上位になっていた、メジャーエンブレム,ロードクエスト,イモータルの3頭です。

この記事では、イモータルの近走評価と、馬の特徴についてです。

僕がレース回顧をして書き残したチェックコメントも一緒に紹介しますので、レースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

スポンサーリンク

イモータルの近走評価と馬の特徴

イモータルの4走前:新馬

新馬のレースコメント
瞬発力勝負。

新馬のチェックコメント
馬ナリのまま上がり最速32.9秒の脚を使って0.8秒差完勝。大きな馬もパドック気配良い。距離伸びるのも良。

イモータルの3走前:サウジアラビアロイヤルC

サウジアラビアロイヤルCのレースコメント
ペースが流れて縦長の2列馬群になって、全馬が距離ロスの少ない競馬ができた。レースタイプはこの日1日の全体傾向を重視して「CU」としたけど、このレースはほとんどの馬が持てる力を存分に発揮することができたレースで、実質的には地力勝負レース。

サウジアラビアロイヤルCのチェックコメント
残り250m手前まで前を走っていた4着馬が壁になって追い出せず、その後も外から3着馬が被せてきて3着馬と4着馬に挟まれながらも追い出すと大きなフットワークで抜け出した1着馬に一完歩ずつ迫るもハナ差届かず2着。結果的に脚を余した。直線スムーズな競馬ができていれば、かなりインパクトのある強い勝ち方をしていたと思う。パドックでの雰囲気とレースでの大きなフットワークは世代屈指。個人的にこのタイプは大好物。

イモータルの2走前:朝日杯フューチュリティS

朝日杯フューチュリティSのレースコメント
内外フラットな馬場で平均ペースで流れて地力勝負も、やや差し馬に分があった印象。

朝日杯フューチュリティSのチェックコメント
口割ったりして掛かり通しでは、いざ追い出しても伸びないのは仕方ない。度外視。

イモータルの前走:共同通信杯

共同通信杯のレースコメント
レース結果から見るとレースタイプの判定が難しいけど、この日の他のレースを加味して判定すれば、馬場が乾いてきてやや内有利の馬場の中、平均ペースで流れてコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)と判定します。ただ、そこまで極端な内有利ではなかったので、ある程度地力が問われたレースのように思います。

共同通信杯のチェックコメント
無理に抑えること無く先行したのは良かったと思う。外枠だけに外を回す競馬になったのは、仕方ないっちゃ仕方ない。気性的な若さが解消されてくれば、馬体的にもまだまだ伸びシロがありそう。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)