メジャーエンブレムの近走評価と馬の特徴~NHKマイルC2016予想に

シェアする

NHKマイルC2016出走有力各馬の個別解説ビデオを撮りました。

NHKマイルC2016予想のために解説したのは、「netkeiba.com」さんの予想オッズで上位になっていた、メジャーエンブレム,ロードクエスト,イモータルの3頭です。

この記事では、メジャーエンブレムの近走評価と、馬の特徴についてです。

僕がレース回顧をして書き残したチェックコメントも一緒に紹介しますので、レースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

スポンサーリンク

メジャーエンブレムの近走評価と馬の特徴

メジャーエンブレムの5走前:500万

500万のレースコメント
地力勝負。

500万のチェックコメント
ここでは力が違いすぎた印象。緩めの馬体でまだまだ伸びシロある。先行しても掛からないのも良い。優等生。

メジャーエンブレムの4走前:アルテミスS

アルテミスSのレースコメント
この日は、普段なら内先行決着が当然の超スローペースの1400m戦でも直線外からの差しが届く特殊な差し馬場で、このレースはこの日唯一の平均ペースで流れて、そうなるとこの日の傾向から差し決着になって当然。このレースで前で競馬した馬たちにとっては、非常に厳しい競馬だったと思われる。

アルテミスSのチェックコメント
パドックでの気配や歩様は、もはや古馬のよう。差し馬場を大外枠から平均ペースで逃げて差し決着を演出したにも関わらず、勝ち馬と同タイムの2着に粘ったのは、非常に強い競馬をしたと言える。直線最内のラチ沿いを右手前のままゴールまで真っ直ぐヨレること無く上がり34.2秒で走り切ったのも好感。パドックでの馬体,歩様,雰囲気と、これまでのレース内容,レースでのフットワークなどからも、来年のクラシック注目!

メジャーエンブレムの3走前:阪神ジュベナイルフィリーズ

阪神ジュベナイルフィリーズのレースコメント
フラットな馬場で速めの平均ペースで流れて、少々差し馬有利の地力勝負。

阪神ジュベナイルフィリーズのチェックコメント
相変わらずパドックでは外々を大きな歩様で気配良く2歳牝馬とは思えない。ゲート内では少しウルサイ仕草を見せていたも、ゲート開いて弾丸スタート切って2番手というか、実質逃げる競馬で0.3秒差完勝。フットワークが大きくキレッキレの脚は使えないと思うので、お父さんのように今後も先行して押し切る競馬になると思う。今のままだと京都外回りや東京の極軽馬場や、オークスの2400mは負ける可能性も無きにしも非ずも、現時点で現2歳牝馬の中では能力が抜けている。

メジャーエンブレムの2走前:クイーンC

クイーンCのレースコメント
内有利な馬場で平均ペースで流れてコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)に。

クイーンCのチェックコメント
弾丸スタートで馬任せのまま逃げの競馬。直線に向いても馬ナリのまま残り200m手前で追い出してムチを一発だけ入れて0.8秒差圧勝。まだ緩めの馬体でこの競馬。このメンバーでは力が違った。好スタートを切って逃げて自分自身でレースを作るので、付け入る隙が全く無い。スピードを殺さないためにもオークスには行かずに、桜花賞→NHKマイルC→安田記念のステップで、3歳春の時点では、ずーっとマイル戦を使って欲しい。

メジャーエンブレムの前走:桜花賞

桜花賞のレースコメント
ユッタリした平均ペースも、外を回した差しも十分届く内外フラットな馬場で、地力勝負レース。

桜花賞のチェックコメント
いつもの弾丸スタートでは無かったにしろ、二の脚で行こうと思えば楽に行けたのを控えたことで外からどんどん被せられてしまって、最内の前から3列目の動こうにも動けないポジションでの競馬になってしまった。直線で外から押し込められる形になったのも、元はといえばそんなポジションに居たから。上がりの瞬発力勝負では分が悪い。結果的に、行けたのに行かなかったことと、内枠スタートで内に押し込められたことが敗因。これで、自分の競馬をすること、つまり、前に馬を置かずにマイペースで競馬することがベストだということが分かったと思う。フットワークが大きいので、もしオークスを使っても3歳牝馬同士なら何とか。

プロフィール

プロフィール メンバー登録

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)