クラシックに向けて大注目の馬と、先週の馬場傾向(2月6日,7日)と、今週の馬場予想(2月13日,14日)

シェアする

ラヴラヴ

日曜日はバレンタインデーですね。

独身でブイブイ言わせてた頃は、誰から貰えるのか?いくつ貰えるのか?と、ちょっと楽しみにしてたバレンタイン・デーですけど、今ではただの2月14日です(笑)

さて、今週も先週のきさらぎ賞に引き続き、今年の牡馬・牝馬クラシックに向けて注目のレースが行われます。

今年のクラシックを賑わすであろう馬が何頭も出走しますけど、その中でも、ちょっと現時点では力が違うなーって思う馬が、メジャーエンブレム

先週の追い切りの動きも抜群やったけど、今週の追い切りの動きも凄かった!

まあ、よっぽどのことがない限り連対は外さへんやろし、まあ、負けへんでしょう(笑)

では、先週の馬場傾向と今週の馬場予想です。

注意今週から小倉競馬が開幕します。

スポンサーリンク

東京競馬場

東京競馬場

先週の馬場傾向

土日とも顕著と言って良いぐらい内有利な馬場でした。

今週の馬場予想

今週も引き続き内有利な馬場を想定しています。

直前情報(2月12日(金)正午現在の情報)by.JRA馬場情報

■天候:晴

■馬場状態:(芝)良(ダート)良

■芝の状態:3~4コーナー及び正面直線の内柵沿いで若干傷みが出始めましたが、全体的に大きな傷みは無く概ね良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm(障害コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm

■使用コース:Dコース(Aコースから9m外に内柵を設置)

■気象状況:
6日(土)に0.5ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・11日(木)芝の生育管理のため散水を実施しました。

(2)ダートコース
・9日(火)~12日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

(3)障害コース
・10日(水)芝刈りを実施しました。

京都競馬場

京都競馬場

先週の馬場傾向

土曜日はペース緩むとやや内有利な傾向が見られましたが、日曜日はペースが流れるレースばかりということもあって内外フラットな傾向でした。馬場としてもフラットな馬場に戻ってきたように思います。

今週の馬場予想

雨予報もあって馬場を固めてきている可能性があります。雨が持ちこたえている土曜日は、少々内が持ち直している可能性があります。

直前情報(2月12日(金)正午現在の情報)by.JRA馬場情報

■天候:曇

■馬場状態:(芝)良(ダート)良

■芝の状態:内・外回り3~4コーナー及び正面直線に傷みがありますが、その他の箇所は引き続き良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm(障害コース)野芝約10~12cm

■使用コース:Bコース(Aコースから直線部4m、曲線部3m外に内柵を設置)

■気象状況:
今週は0.5ミリ以上の降水を観測していません。

■作業内容:
(1)芝コース
・8日(月)芝の生育管理のため散水を実施しました。

(2)ダートコース
・10日(水)~12日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

(3)障害コース
・11日(木)ローラーを用いてコース内側の凹凸を整正しました。

小倉競馬場

小倉競馬場

今週の馬場予想

今週から始まる小倉競馬場ですが、去年のこの開催の開幕週は、ペースとコース(距離)によって有利不利が変化するちょっと狙い辛い面倒な馬場でした。ジョッキーとか馬のレベルがそうさせているかも知れないですけど。一応の傾向としては、1800mだけは外を回した馬もOKで、1200,2000,2600mは、どちらかと言うと内を回した馬が得をしている感じでした。今年もイキナリの雨も重なって狙い難い馬場を想定しています。というか、小倉競馬そのものが「勝ちポジ予想理論」が通用し難い競馬になるので、個人的には大勝負はしません。

直前情報(2月12日(金)正午現在の情報)by.JRA馬場情報

■天候:曇

■馬場状態:(芝)良(ダート)良

■芝の状態:昨年夏の第2回小倉競馬終了後、野芝の更新作業及び洋芝のオーバーシードを行っています。生育は順調で良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約12~16cm

■使用コース:Aコース(内柵を最内に設置)

■気象状況:
6日(土)に0.5ミリ、7日(日)に1.0ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・10日(水)芝の生育管理のため散水を実施しました。

(2)ダートコース
・8日(月)~11日(木)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

■第1回小倉競馬の馬場概要(2月8日(月)現在):

芝コース
(1)使用コース
・第1回小倉 前4日 Aコース
・第1回小倉 後4日 Bコース

(2)芝の状態
・野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行します。
・昨年2回小倉競馬終了後、ベースである野芝の更新作業を行った後、10月上旬に洋芝をオーバーシードしています。生育は順調で、全体的に良好な状態です。
・芝の生育管理のため、中間日に散水を実施します。

ダートコース
(1)ダートコースの状態
・昨年第2回小倉競馬終了後、ダートコース全面のクッション砂洗浄と路盤の点検及び一部路盤の補修を行いました。
・クッション砂の砂厚は9.0cm(従来通り)で調整しています。
・乾燥が著しい場合は競走馬の安全のため散水を行う場合があります。
・クッション砂の凍結防止のため、コース全面に凍結防止剤を散布する場合があります。

芝コースの様子(撮影日:2月5日(金))
2016年1回小倉芝状態

プロフィール

プロフィール メンバー登録

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    《乗替り狙い・2月14日》
    【東京】※馬連ボックス
    2R 8、9、14
    3R 9、14
    5R 9、16
    6R 6、8
    8R 13、14
    9R 9、14、16
    11R 6、9
    12R 10、13
    【京都】
    8R 10、16
    9R 1、6
    10R 14、15、16

    〔1月5日~実績、馬連(馬単)〕
    投資:27,600円(55,200円)
    回収:55,600円(111,600円)

    人気動向からすると京都10Rが面白そう☆

    • おすだぬき より:

      《結果》(馬単)
      投資:1,700円(3,400円)
      回収:3,780円(8,030円)
      的中:2本(東京2R、東京12R)

      • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

        相変わらず調子良さそうですねー(o^-‘)b

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)