岡田繁幸氏の3歳世代牡馬番付~2016年日本ダービーに向けて

シェアする

先日、グリーンチャンネルで「クラシック戦線の夜明け」と題して、マイネル総帥ことビッグレッドグループ代表の岡田繁幸さんの現時点での2016年日本ダービーに向けての3歳世代牡馬番付が、各馬の解説とともに発表されました。

発表された岡田繁幸さんの2016年3歳世代牡馬番付は以下の通りです。

解説を聴いていて僕が気になったその馬の個性(特徴)も箇条書きで書いてますので、その馬の個性としてだけでなく、できれば同じような特徴のある馬にも応用して、馬の個性を判断するための参考にしていただければと思います。

なお、5月25日にグリーンチャンネルで放送された最新の岡田繁幸さんの3歳世代番付はコチラ↓です。あせてご覧いただければ。

【最新版】岡田繁幸の3歳世代番付~2016年日本ダービーへの道
5月25日、グリーンチャンネルで「追跡!2016クラシック戦線~日本ダービー直前SP~」と題して、マイネル総帥ことビッグレッドグループ代表の...

スポンサーリンク

岡田繁幸の3歳世代牡馬番付~2016年日本ダービーに向けて

1位:リオンディーズ

リオンディーズ
(写真:JRA-VAN NEXT)

・デカいストライドで回転が上がるのは強い馬
・まだフニャっとしてる
・調教で更に強くなる
・ちょっとトビが大きすぎる

2位:ハートレー

ハートレー
(写真:JRA-VAN NEXT)

・パドックでは筋肉が少しカタイ
・レースでは手先軽くストライド伸びる

3位:ロードクエスト

ロードクエスト
(写真:JRA-VAN NEXT)

・パドックでは送りも踏み込みも浅い
・筋力は既に付き切っているのでこれ以上の上がり目はない
・背中と後肢がちょっと短い
・時計の掛かる馬場なら

4位:エアスピネル

エアスピネル
(写真:JRA-VAN NEXT)

・背中と首が短め
・2400mは長い
・マイル路線なら一流

5位:スマートオーディン

スマートオーディン
(写真:JRA-VAN NEXT)

・硬肉に見えるけど見た目以上に距離こなす

6位:プロディガルサン

プロディガルサン
(写真:JRA-VAN NEXT)

・キレ負けするタイプ

7位:マイネルラフレシア

マイネルラフレシア
(写真:JRA-VAN NEXT)

・大レースを勝つイメージはないけどシブトイ馬
・軽い大きなストライド

8位:シルバーステート

シルバーステート
(写真:JRA-VAN NEXT)

・ディープにしては柔らかい
・体型が悪い、背中が反ってる、ヨロが上に付いている
・筋肉の質は良い
・キレる
・柔らかい馬が脚を使えるのはせいぜい200~300m
・スローの瞬発力戦に強い

9位:サトノダイヤモンド

サトノダイヤモンド
(写真:JRA-VAN NEXT)

・ディープにしては筋肉が柔らかすぎる
・もっと筋肉を鍛えないとダメ
・まだ瞬発力足りない

10位:マイネルハニー

マイネルハニー
(写真:JRA-VAN NEXT)

・全身運動でエネルギー効率が良い
・サニーブライアン(皐月・ダービーの2冠馬)に似ている

最後に語った岡田繁幸さんの思い

岡田繁幸氏

「競馬が盛り上がって欲しいといつも思ってますんで

 だけど、いつも(馬券的な意味で)損してると競馬が嫌になりますんで

 だから、やっぱり皆さん、推理は面白いですし

 実際に僕はあまり損してないんですね

 儲けてるってほどではないですけど、損してないんですね

 だからやっぱり、ある程度そういう見方をすると確率は上がって

 長く楽しめることは間違いないんですから

 よく馬のことを研究して、データも調べて

 納得して競馬に参加していただいて

 長く楽しんでいただければなって思います。」

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)