朝日杯フューチュリティS2015のレース回顧と次走以降の注目馬と、自己条件に出走すれば力が違う鉄板馬など

シェアする

2015年朝日杯フューチュリティS

昨日もお知らせしている通り、一昨日から今年最後の「栄光の競馬新聞」の新規申し込み受付を開始しています。

受付期間は、クリスマスの金曜日(12月25日)の12時00分、もしくは、会員者数が100名までとなっていますので、お申し込みはお早めに!

「栄光の競馬新聞」のお申込みはコチラから

※ちなみに、今週の金曜日までに月会費をお支払いいただいて会員になられた方は、サービスで12月26日,27日分(有馬記念,ホープフルS,阪神Cなど)も利用できます。

では、朝日杯フューチュリティS2015のレース回顧と次走以降の注目馬です。

スポンサーリンク

朝日杯フューチュリティS2015のレース回顧

内外フラットな馬場で平均ペースで流れて地力勝負も、やや差し馬に分があった印象。

朝日杯フューチュリティS2015の次走以降の注目馬

リオンディーズ

掛かることなく最後方から自分のリズムでスムーズな競馬をして、4コーナー大外ブン回して大きなフットワークで直線大外一気の大味な競馬。マイル戦の競馬をしていなくて、距離が伸びるクラシック戦線に向けて非常に良い競馬が出来た。ただ、このレースのように差せるコースのフラットな外から差せる馬場じゃないと自分のリズムでスムーズな競馬が出来ないので、内有利の馬場とか、スローの前残りのレースでは、強い競馬をしながら取りこぼすことになりそう。そう言った意味では、トライアル戦より本番で強いタイプの馬になりそう。

エアスピネル

やや掛かり気味。4コーナーを外から馬ナリで上がっていって、直線に向いても暫く持ったままで、先頭に踊り出た時は完勝すると思ったけど、このレースに関しては、結果的に勝った馬に展開が向いてたのも事実。力負けに見えるけど、案外そうでもないように思う。馬自身が走るので休み明けでも走りそうで、勝ち馬とは逆で、トライアル戦に強い馬っぽい。

自己条件に出走すれば力が違う鉄板馬

先行して直線で進路が無くなる場面があって進路変更したロスがあった。人気の盲点になってただけで力ある。当然ながら自己条件に出走すれば力が違う。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(現在25位前後)

編集後記

条件付きでMy注目馬としてチェックしている馬も、ここで紹介しておきます。

タイセイサミット
残り200mの地点で外から3着馬に進路を塞がれてブレーキをかける致命的な不利で、3着馬との差が1馬身無かった差から2馬身以上の差に拡がった。しかし、そこからまた盛り返して3着馬と1馬身弱の差まで迫っただけに、あの不利がなければ3着の可能性がある。スタートが遅いので、差せるコースのフラットの差せる馬場でこそ。じゃないと、自己条件でも取りこぼす。

コパノディール
最後方からの競馬ということもあって、直線で前が壁になって中→内と進路変更しながら伸びてくるも、行くトコ行くトコ壁になって、最後は4,5着馬が壁でシッカリ追えずに脚を余した。自己条件に戻って力の必要な馬場の差せるコースなら一発あるかも?

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    枠も決まりだいぶ近づいてきた感が高くなりました♪(^-^)
    今日は金曜日発売イベントがWINS後楽園で開催あり☆今月一杯でトレまる美浦局員を卒業する守永真彩さんに会いに行ってきます♪ヽ(´▽`)/

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      真彩ちゃん、卒業しちゃいましたねー
      真彩ちゃんに宜しくお伝えください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)