ジャパンC2015のレース回顧と次走以降の注目馬と、ゴールドシップと共に有馬記念で期待したい馬と、ライアン・ムーア騎手

シェアする

2015年ジャパンC

Youtubeのチャンネル登録者さんが、いつのまにか2,160人にまでなってました!

チャンネル登録してくださってありがとうございます。

これからも自分自身が楽しみながら世界に一つだけのオリジナルのビデオをアップしていきますので、どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

チャンネル登録がまだの方は、ぜひコチラからチャンネル登録してください。

では、ジャパンC2015のレース回顧と次走以降の注目馬です。

スポンサーリンク

ジャパンC2015のレース回顧

16着までが0.6秒差の大接戦。内有利な馬場もペース流れて縦長馬群になったことで、ほとんどの馬がそれほど大きな距離ロスにはならなかった。

ジャパンC2015の次走以降の注目馬

ゴールドシップ

ゲート先入れも非常に大人しく、ゲートもフツーに出た。しかし相変わらず二の脚遅く後方からの競馬。3コーナーの残り1000mから動き始めて馬群の大外を回しては、この週の東京では致命的と言える大きな距離ロス。ただ、この馬の特徴からこの競馬は致し方無い。それよりも、ジョッキーが手綱をシゴイて必死で動かすことなく加速して行ったのは、最近にないゴールドシップで、次走の得意の中山でのラストランに向けて、視界良好じゃないかと思えた。

ゴールドシップと共に有馬記念で期待したい馬

東京2400のジャパンCよりも、一瞬の脚が活かせる中山2500の有馬記念の方が合ってると思う。枠次第では有馬記念で本命◎馬候補。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(現在26位前後)

編集後記

この日のライアン・ムーア騎手は、もの凄く内に拘って乗ってました。

巷では最後の直線で内を突くことばかりがクローズアップされますけど、実はそれまでの過程の段階から、もっと言えば、スタート直後から内に拘った騎乗をこの日のムーア騎手はしていました。

スタートからレースを見返してもらったら分かります。

このジャパンCもそうですけど、このレースよりもムーア騎手が凄く内に拘ってることが分かったのが、このレースの1つ前の10Rです。

10Rでムーア騎手は大外枠の馬に乗っていたんですけど、きちんとゲートを出たにも関わらず、ムーア騎手が手綱を引いて最後方に下げてまで、最内を取りに行きました。

ライアン・ムーア神騎乗1

ライアン・ムーア神騎乗2

ライアン・ムーア神騎乗3

そしてコーナーで最内を回して、

ライアン・ムーア神騎乗4

直線も他馬が中~外を走る中、唯一馬場の内を突いて結果は見事に1着!

ライアン・ムーア神騎乗5

やっぱりムーアは凄い!

阪神タイガースが優勝した年に「アニキ(金本)以上の打者は居ない。チャンスでアニキ(金本)がダメ(凡打)なら諦められる」とよく言いましたけど、それと一緒で「ムーアが乗ってダメ(馬券圏外)なら諦められる」と言える全般の信頼が置ける数少ないジョッキーです。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)