マイルチャンピオンシップ2015予想に イスラボニータの近走評価と馬の特徴

シェアする

マイルチャンピオンシップ2015出走有力各馬の個別解説ビデオを撮りました。

マイルチャンピオンシップ2015予想のために解説したのは、「netkeiba.com」さんの予想オッズで上位になっていた、イスラボニータ,フィエロ,モーリスの3頭です。

この記事では、イスラボニータの近走評価と、馬の特徴についてです。

僕がレース回顧をして書き残したチェックコメントも一緒に紹介しますので、レースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

スポンサーリンク

イスラボニータの近走評価と馬の特徴

イスラボニータの5走前:2014年天皇賞・秋

2014年天皇賞・秋のレースコメント
距離ロスが発生するコーナー部は、内を回した馬がやや有利。コーナーで外を回して距離ロスのあった馬は少々不利だった。ただ、机上でロス換算するなら通常の半分のロスで計算するぐらいが良さそう。17着までが1.0秒以内の大接戦。

2014年天皇賞・秋のチェックコメント
外枠発走から先行すれば2コーナーで距離ロスが出るのは当然とはいえ、その距離ロスがあまりにも大きすぎた。明らかに枠順の差で、決して力負けとは思わない。ただ、2400は長い気がする。

イスラボニータの4走前:ジャパンC

ジャパンCのレースコメント
馬場が乾いて内有利の馬場でペースが流れて差し有利に。レースタイプは「CU」としたけど、BWHの「勝ちポジ予想理論」で言えば「内差(内後)」のポジションが「勝ちポジ」。

ジャパンCのチェックコメント
直線に向いてから暫くは馬ナリで残り400mを過ぎてから満を持して追い出すも伸びず。回転が上がらない。これだけペースが流れるとこの距離は長いのかも?

イスラボニータの3走前:中山記念

中山記念のレースコメント
雨が降ると内有利になる傾向は、去年のこの開催もそうだった。内有利な馬場でスローペースで流れて内先行有利。

中山記念のチェックコメント
パドックの歩様がイマイチで調子もそんなに良くなかったように思う。綺麗で柔らかいフットワークの馬だけに、雨降りの柔らかい馬場も合わないと思うし、外枠から外々回した距離ロスもあった。負けるべくして負けたように思う。斤量も2kg重かったし。

イスラボニータの2走前:毎日王冠

毎日王冠のレースコメント
圧倒的に内有利な馬場で、スローペースで流れては内先行有利になって当然。後方からの競馬になった馬たちにとっては厳しい競馬になった。

毎日王冠のチェックコメント
残り400m過ぎまで馬ナリから満を持して追い出すも、逃げ馬には残され後続馬に差されてしまった。ただ、得意のコースでこの馬らしい走りは出来た。

イスラボニータの前走:天皇賞・秋

天皇賞・秋のレースコメント
前日ほどではないにしろ、スローペースでも差しが届く馬場で、このレースはスローペースで流れて地力勝負に。ただ、どちらかと言えば先行馬よりも差し馬有利だった。

天皇賞・秋のチェックコメント
去年と同じく外枠発走も、今年は外枠も不利にならない馬場で、更に馬場にマッチした差す競馬をした蛯名騎手の好騎乗。再度、東京の差し合いで競り負けたように、一瞬の脚で勝負が決着する小回りコース巧者の疑いがより強まった。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)