京都大賞典2015のレース回顧と次走以降の注目馬と、天皇賞秋・エリザベス女王杯・ジャパンCに向けて

シェアする

2015年京都大賞典

もう早くも木曜日。月曜日まで競馬があると1週間が早いです。

では、京都大賞典2015のレース回顧と次走以降の注目馬です。

スポンサーリンク

京都大賞典2015のレース回顧

スローペースの上がり勝負。軽い馬場得意の馬に向くレースで、逆に力の要る馬場が得意の馬にとっては厳しいレースになった。

京都大賞典2015の次走以降の注目馬

ラブリーデイ

軽い馬場得意とはいえ、58kgを背負って内から馬群を割って究極の上がり32.3秒の脚を使って差し切るとは驚いた。中距離No.1。

サウンズオブアース

パドック気配良く調子が良かったんだと思うけど、勝った馬が強すぎた。京都以外では半信半疑も、東京はそれなりにカッコを付けそうな気はする。追い切りの動きとパドック気配が結果に直結するタイプの馬っぽいので、今後も追い切りの動きとパドック気配をチェックして馬券を買いたい。

ラキシス

4角8番手の内という厳しいポジションも、上がり2位の32.5秒の脚を使ってよく4着まで差してきた。やはり力ある。2000mを超える距離での牝馬戦では馬券から外せないし、雨で緩んだ馬場ならそれが牡馬混合のG1レースであっても馬券から外せないという評価は変わらない。

フーラブライド

これだけ上がりが速い競馬はサスガに厳しかった。京都が得意なだけに、エリザベス女王杯が地力の問われるような馬場&ペースになればチャンスある。

編集後記

上で名前を挙げた馬以外にもチェックコメントを書き残した馬が居るので、ここで紹介しておきます。

カレンミロティック
スローペースを2番手で絶好の展開も1,2着馬にマッチした馬場で適正の差で負けた。馬場と展開を味方につけることができるレース、つまりは前有利、もしくは、内先行有利になりそうなレースなら今後もチャンスある。

ワンアンドオンリー
これだけ上がりが速い競馬はサスガに厳しかった。地力の問われるような馬場&ペースになってこそか。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    秋天が京都開催ならこの1~4着馬が良さそうですが府中2,000だからなぁ(´・ω・`)

    枠順も影響が大きそうだし…(^_^;)

    ゆっくり決めよう♪(^-^)

    去年はWINS新橋の閉館イベントに守永真彩さんが来場、◎ジェンティルで見事的中☆オイラの席の隣には母・白石まるみさんが座っててドキドキした思い出が(^_^;)グウゼン

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      白石まるみさん・・・何となく覚えてるような・・・
      しかし、守永真彩さんが娘とは驚きですね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)