セントライト記念2015のレース回顧と次走以降の注目馬と、このレースで最も強い競馬をした馬など

シェアする

2015年セントライト記念

【メンバー通信】では既にお知らせしている通り、昨日から「栄光の競馬新聞」の新規申し込み受付を開始しています。

受付期間は、9月22日~9月25日の4日間です。すでに1日過ぎているので、あと3日間です。

あっ!あと3日間と言っても、9月25日(金)の12時00分でお申し込みを締め切りますので、実質的には、もう2日ありません(汗)

お申し込みはお早めに!

「栄光の競馬新聞」のお申込みはコチラから

※ちなみに、今週の金曜日までに会員になられた方は、サービスで9月26日,27日分も利用できます。

では、セントライト記念2015のレース回顧と次走以降の注目馬です。

スポンサーリンク

セントライト記念2015のレース回顧

スローペースなら内が得をする馬場で、スローペースで上がり3ハロンの上がり勝負の競馬になって内先行有利に。馬群の外を回して差す競馬をした馬にとっては厳しい競馬になった。

セントライト記念2015の次走以降の注目馬

ベルーフ

内枠から先行もCC回すロスして0.2秒差はロス換算では勝ち馬よりも上。ここまでペースが落ち着くのは川田騎手にとって誤算だったのではないかと思うし、予想するコチラとしても誤算だった。それでも地力で3着まで差して欲しかった。

サトノラーゼン

この馬の走法的に、中山コースの直線で競り合いながら馬群の間を割って差す競馬をしては厳しい。京都向きのフットワークだけに、本番が軽い内有利の馬場で内枠を引いたら狙いたい。

ブライトエンブレム

外枠から外を回して差す競馬は最も厳しい競馬をした。単純なロス換算では僅差の2着。長く脚を使える馬だけに、そういう競馬になりそうなレースなら狙いたい。基本的には東京コースがベストだと思う。

このレースで最も強い競馬をした馬

中枠から外を回すロスをしながらこの着差は、単純な距離ロス換算では僅差の1着。大きなフットワークの馬だけに上がり勝負になると厳しいだけに、力があるのは認めつつも本番が軽い京都の軽い馬場では厳しいように思う。逆にスタミナが問われるような馬場&競馬になればチャンスがある。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(現在7位前後)

編集後記

自己条件(1000万クラス)に戻ればぜひ狙いたい馬がいるので、ここで紹介しておきます。

レッドライジェル

最後方から追い込む競馬をするので、差せるコースの差せる馬場でこそ。自己条件に戻って差せるコースの差せる馬場なら狙いたい。

グリュイエール

中山は走法的に合わない。自己条件に戻って東京・京都に出走するなら狙いたい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. こんばんわ。
    このレース3着のジュンツバサはこの次はどうでしょうか?

    個人的には
    ・東京で2連勝を違う内容で完勝したこと。
    ・セントライト記念では1.2.4着馬が前で残るところを
    中団から差して馬券になってます。

    このあたりを感がみると菊花賞で通用しそう
    な感じもします。
    後は鞍上を有力どころに変えて内枠でも引けば
    チャンスあるとみますがどうでしょうか?

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      このレースを再現するためにも、本番でもやっぱり内枠が欲しいですね。
      軽い内有利な馬場で内枠を引けば、当然チャンスはあるんじゃないでしょうかね?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)