2015ワールドオールスタージョッキーズ第4戦で、ウインフェニックスの単勝を的中できた「勝ちポジ」予想の流れを解説

シェアする

実際に僕がどうやって「栄光の競馬新聞」を使って「勝ちポジ」予想をしているのか、参考にしてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

2015年8月30日の札幌12Rの「栄光の競馬新聞」

下の画像をクリックすると、2015年8月30日の札幌12Rの「栄光の競馬新聞」のPDFファイルが開きます。

実際の「栄光の競馬新聞」を見ながら解説を読むと、より理解が深まるハズですし、身につくのも早くなるハズだし、どんだけ「勝ちポジ」予想が簡単なのかも分かると思います(笑)

2015年8月30日札幌12Rの「栄光の競馬新聞」
2015年8月30日の札幌12Rの「栄光の競馬新聞」

馬場傾向とペース想定から「勝ちポジ」を予想

札幌の芝コースは、周回コースは内外フラットな傾向だと感じていて、このレースは、ワールドオールスタージョッキーズということで、レベルの高い騎手が集ったレースということもあって、それなりのペースでは流れると思って、このレースは地力が問われる「地力勝負レース」になると予想しました。

想定した「勝ちポジ」から軸馬を選定

「栄光の競馬新聞」を見てもらえれば分かる通り、このレースで一番前走指数の高い馬は、前走の地力勝負レースで「101」を出している05.タガノエンブレム(結果3着)でした。

タガノエンブレム

フツーに予想すれば、「栄光の競馬新聞」を一目見て2秒でこの馬を軸馬にしそうですけど、僕はもう少しだけ詳しく「栄光の競馬新聞」を見ていきました。

このレースは、「My馬」が2頭出走しています。09.ウインフェニックスと、12.バイガエシの2頭です。

My注目馬2頭ウインフェニックスとバイガエシ

ウインフェニックスの前走は、下級条件の500万の「CU」(コーナー部内有利)で、コーナーで「CC」と2コーナーも3~4コーナーも内から3頭目の外目を回す距離ロスがある不利な競馬をしながら(いわゆる「逆馬」で)勝ち切っていて、その指数は「95」。

ウインフェニックス

以前も何度か解説している通り、1クラス下のレースの場合は、下級条件補正として、指数に「+4」をするようにしています。なので、ウインフェニックスの前走指数は、下級条件補正をすると「95+4=99」ということになります。

「逆馬」の強い競馬をして指数「99」ならば、指数「101」のタガノエンブレムと互角か、それ以上の力があるんじゃないかと思いました。

オッズを見てみると、単勝4番人気で9倍弱。

1番人気馬と互角か、それ以上の力がある馬のオッズが1番人気馬の3倍近くのオッズが付くのならば、期待値的にも買う価値があると判断しました。

購入馬券はウインフェニックスの単勝

ウインフェニックスの単勝馬券

※購入金額はモロモロの事情で消しています。ただ、何万とか何十万とか何百万とかでは決してないです。人並みか、それ以下の金額です(汗)

もう1頭の「My馬」3歳馬のバイガエシについても少々

バイガエシの前2走は3歳戦なので、以前も何度か解説している通り、3歳戦のレースの場合は、3歳戦補正として、指数に「+4」をするようにしています。なので、バイガエシの前2走の指数は、3歳戦補正をすると、前走が「96+4=100」、2走前が「97+4=101」ということになります。

バイガエシ

このことから、強い3歳世代のバイガエシを軸にしようかとも考えたんですけど、バイガエシのオッズを見ると、何と2番人気と意外に人気になってました。

結果的にバイガエシは2着と連対したので、連勝馬券の軸馬として間違いではなかったんですけど、やっぱり軸馬は1着でゴールしてくれると嬉しいですよね!

プロフィール

プロフィール メンバー登録

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    きっと1億ドンぐらい買ってると思います(^_^)

    最近、現場で帯封の受け取り見なくなったなぁ…f(^_^)
    馬連が導入された当初、1,000倍くらいの大穴が出ると「どんなやつが取ったんだ」と払戻にギャラリーができてたなぁ☆

    今週もベステゲシェンク並みの単勝が当たりますように(^人^)

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      1枚の馬券で買える上限が999,900円なので、だいたいそれぐらいだと思っていただければ(笑)
      そうそう、馬券裁判でお馴染みの卍氏は、マジで単勝で999,900円買ってたのには驚いた!
      今週は単勝万馬券GET!を目指します!

  2. まさかず より:

    いつも栄光の競馬新聞やブログやツイッター等を拝見させていただいてます。
    今回の記事も非常に参考になりました。
    ひとつ質問なのですが、
    8月23日の新潟10R信濃川特別3歳以上1000万のレースの、
    6番ティルナノーグの青葉賞の指数103はどのように補正すればいいのでしょうか?
    3歳戦なので、+4をしなければならないのはわかるのですが、
    青葉賞がG2なので、下級補正も必要なのかとも思いました。
    古馬1600万のレースならば-4を補正しなければならないのはわかるのですが、
    このようなティルナノーグの場合はどのような補正が必要なのでしょうか?
    教えて頂けたら幸いです。

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      おおっ!ナイスな視点ですねっ(o^-‘)b
      詳しく書き出すといくつかの記事になってしまうんですけど、簡潔に答えだけ書くと・・・
      僕の中では、3歳戦の指数補正は
       1.新馬,未勝利戦
       2.500万以上(OPも重賞もこちらに含む)
      の2つだけにクラス分けして考えてます。
      つまり、3歳戦の場合は500万もOPも重賞も一緒くちゃということです。
      この場合、3歳戦補正で「+4」はしても、条件補正の「-4」は、僕はしません。
      ですので、ティルナノーグの補正指数を僕の中での教科書通りすると、
       1.前走「99+4=103」
       2.前々走「103+4=107」
      となります。
      ただ、これはちょっとサスガに高すぎる気がしてるので、補正についてもう少し真剣に考え直す必要もあるかな?とも思ってもいます。
      逆に、適正っぽい補正のアイディアがありましたら、ぜひご提案いただければ嬉しいですm(_ _)m

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)