仕事や人生に疲れた時に一人でのんびりできる島、竹富島より癒しをあなたへ

シェアする

竹富島の海、アイアル

夏も終わりに近づき、CMや雑誌などではすっかり秋モードに変わりつつある今日この頃。

とは言え、まだまだ夏でして、日中は暑いですね(-“-;A

そのむかし私達夫婦は、梅雨が明けてすぐの頃、毎年向かっていた場所がありました。

それは、沖縄よりもまだはるか南西の八重山諸島にある小さな島、竹富島。

赤瓦の屋根の家が建ち並ぶ、沖縄の原風景がそのまま残っている島です。

竹富島の集落

今はリゾートホテルなどもできて、だんだんその風景も変わりつつありますが…。

毎年その島に1週間程滞在し、海に潜ってサンゴ礁や魚と遊んだり、島の旅人達との出会いを楽しんだりと、貴重な癒しの時間を過ごしてました。

えっーと、今回は少し嗜好をかえて、夏の思い出に浸るバージョンでお送りしたいと思いますσ(^_^;)

スポンサーリンク

現実逃避…でも、竹富島で心も体もリセットして、また自分の場所へ帰るのです。

私たちは関西空港から飛行機に乗って石垣空港まで向かいます。

竹富島へ向かう飛行機の翼

石垣島に近づくと機内から島が見え始めます。

こういった景色が見えるんですよ。

飛行機からの竹富島

石垣島から船に揺られること10分少々、竹富島に到着。

島の集落の屋根は、全部赤瓦。

竹富島風景

舗装の道路もありますが、集落の中は砂地の道になっています。

竹富島の道

竹富島にもいくつか海岸があって、この景色を抜けると・・・

竹富島アイアルを抜ける道

コンドイビーチという真っ白な砂浜が広がっています。

竹富島のコンドィビーチ

そしてこちらは、砂地も海もきれいなカイジ浜。

竹富島アイアル

ここでは木陰でお昼寝をしたり本を読んだり・・・。

あえて何もせず、ぼっーと過ごしてみたり。

本当に贅沢な時間でしたね。

これは昔、使われていた桟橋、西桟橋。

竹富島桟橋

その昔、竹富島の人はここから船を出して西表島に行かれていたそうです。

私は乗ったことない水牛車。(一緒に乗ったよ!by.えいじ)

竹富島の水牛車

正直、乗るより歩くほうが早いです(笑)

自転車を借りて島を散策される方も多くいらっしゃいます。

竹富島サイクリング
(ちなみに↑この写真は黒島ね!by.えいじ)

おっ?もしかしてこの後姿は・・・

昔は坊主でした(笑)

暑いので、この島で食べるアイスクリームはよりおいしく感じます(^^)

竹富島でアイスを食べる

宿泊は民宿。

竹富島泉屋にて

民宿での一期一会の出会いもまた旅の楽しみでした。

島で知り合い、今でも交流をしている人もいます。

思い出せばキリが無いですが、竹富島に行かなくなりもう5年くらいでしょうか。

うん?行かなくなったのではなく、行けなくなったという方が正しいかなσ(^_^;)

最近はこういった贅沢な時間をとることが難しくなって…。

でも、またいつか必ず行こうと思ってます。

夏の終わりには、いつも竹富島を思い出す今日この頃。

いつ行けるのやら(笑)。

えいこ
えいこ

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    癒し画像、ありがとでした(о´∀`о)

    私事ではありますが社会人になり初めて「引き抜き」に遭いまして、明日から別の仕事場に行くことに☆

    オイラも落ち着いたら沖縄か小笠原に行きたいなぁと思ってます(^-^)

  2. えいこ より:

    おすだぬきさん
    こんばんは^o^
    お仕事、ヘッドハンティングされたんですね!
    凄いですね^o^
    大変でしょうが頑張ってくださいね。

    そして、またゆっくり時間を作って
    お出かけしてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)