クイーンS2015のレース回顧と、次走で条件整えば一変期待の穴馬と、2歳馬情報

シェアする

2015年クイーンS

本来ならここで書くことでは無いんですけど、でもわざわざ1つの記事にしてまで書く必要も無い気がするので、このレースとは一切関係のない記事を、編集後記で書きます。

では先に、クイーンS2015のレース回顧と次走以降の注目馬です。

スポンサーリンク

クイーンS2015のレース回顧

ハイペースにならない限りは、差しは届くけど内を回した馬が少々得をする馬場で、少頭数ということもあってそれほどペースは上がらず、コーナーで内を回した馬が有利なレースになった。

クイーンS2015の次走以降の注目馬

次走で条件整えば一変期待の穴馬

ダメ騎乗も、馬自身も絶好調とは程遠かった印象。それでも単純な距離ロス換算なら、1,2着馬に次ぐ3着に相当。調子を上げて外を回してもOKなフラットな馬場に変われば一発あっても驚かない。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(現在9位前後)

編集後記

現時点での今年の2歳馬の話を少々。

先週の中京の未勝利戦でハデな勝ちっぷりをしたシルバーステートが、現時点でのナンバー・ワンだという評価は、僕も巷の評価と同じです。

馬体や気性はまだ良い意味で幼くて、更なる伸びシロがありそうで、レースでのフットワークは素晴らしいです。

シルバーステート
(写真:JRA-VAN NEXT)

あと、そのシルバーステートを新馬戦で差し切ったアドマイヤリードは、牝馬ですけど、当然ながら高評価してます。

もの凄く小さい馬ですけど、ステイゴールド産駒らしい馬体のバランスは良いです。

アドマイヤリード
(写真:JRA-VAN NEXT)

そして、これは何となくですけど、日曜日の札幌5Rの新馬戦で完勝したプロフェットは、ナカナカ良い走りをしたなーって、個人的に思いました。

ハービンジャー産駒としては、まだ牝馬みたいに馬体が細くてかなり頼りないんですけど、レースに行ってのフットワークが素晴らしくて、直線に向いてから脚の回転が上がって加速していくのは目を惹きました。

プロフェット
(写真:JRA-VAN NEXT)

あと、日曜日の新潟の未勝利戦を楽勝したアストラエンブレムも、直線を真っ直ぐ走ってたのに好感。ブラックエンブレム産駒は、毎年良い馬を出しますね。

次走、これらの馬たちが何処を使ってくるのか?また、そこでどんな競馬をするのか?来年のクラシックに出走できるのか?楽しみです。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)