【予想追記】中京記念2015予想:出走馬の前走チェックコメントと「勝ちポジ」予想

シェアする

2015年中京記念

楽しみにしていた卍氏の本がようやく届きました。

ただ、1ページ目を開いた時点で、少し残念な気分になりました(苦笑)

では、中京記念2015出走馬の前走チェックコメントです。

スポンサーリンク

中京記念2015出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

前走時にチェックコメントを書き残した馬はなし。

このレースには、前走時にチェックコメントを書き残した馬が1頭も出走しません。

中京記念2015の「勝ちポジ」予想

まずは中京の馬場傾向ですが、3~4コーナーで各馬が内を開けて走るので、馬群の大外を回すと距離ロスが大きくなりすぎて厳しくなっている感じです。ワンターンのU字コースは、馬群の内目を回して先行できる馬が好走している感じです。

続いてペースですが、積極的に行きたい馬が居ないので、字面では平均ペースでも、実質的にはスローペースじゃないかと思います。

「馬群の大外を回すと厳しい馬群の内目を回して先行できる馬が好走している馬場」で「実質スローペース」ということで、このレースの「勝ちポジ」は「前」と予想します。

前有利

このレースは苦手なハンデ戦なので積極的に馬券を買いたいレースではないんですけど、CBC賞2015のレース回顧でも書いた通り、ハンデ戦克服に向けたテストをしたい(データ取りをしたい)ので、本命◎馬予想だけはしたいと思います。

本命◎:2枠4番オリービン

内目の枠で力の要る馬場得意の先行馬を探すと、真っ先にカレンブラックヒルに目が行くんですけど、トップハンデの1番人気馬なので、ここは少し捻ってこの馬に。外差し決着になった去年のこのレース5着は、前に行った馬の中では最先着。去年と同じ競馬をすれば、去年より着順は上がるハズ。

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    文字がデカイで思い出した昔話を一つ

    昔昔、校内で賭け双六(←競馬仕様)を開催して捕まった時、担任に反省文を原稿用紙5枚書けと言われ「すみません」と1枚に1文字づつ書いて提出したら殴られました(笑)

    体育教官室に監禁され保護者に経緯説明し引き渡すとのことでしたが…オイラの保護者(故人)は「バクチは出世の早道じゃ!命の次に大事な銭賭けて何が悪いんじゃ!」と担任を怒鳴り付け電話ガチャ切り(笑)
    オイラは無事に夕方釈放されました
    (  ̄ー ̄)ノ
    ちなみにこの親は「母親」です(爆)

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      悪い子やったんですねー。
      で、母上も悪い親やったんですねー(笑)

  2. おすだぬき より:

    馬券モードと馬主モードがあり業間に1レースで1日5レース開催☆
    レース登録料と払戻金控除でだいぶ潤いました(時効なり♪(^-^))

    ◎⑮アルバタックス
    ◯⑯オツウ
    ▲⑪レッドアリオン
    △⑩ダローネガ
    △⑦ゴールドベル

    ◎単勝、馬連◎◯=◎◯▲△△で勝負☆

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      ガキの頃からギャンブラーだったんですね(笑)

  3. サカタケンジ より:

    猛暑続く中お疲れ様ですm(._.)m
    そういえば、気になることがあるのですが、
    アイビスサマーダッシュみたいに直線勝負のレースは単なる自力勝負と見るのが正解なのでしょうか???
    の割りには穴を開ける時も過去多々ありましたっ
    パドック、騎手、距離、絶対能力値etc、を試すには最適なレース?
    英治さん的にはこの様なレースはどう観ていますか?

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      アイビスサマーダッシュ(新潟1000m戦)は、今の僕は基本的に手を出しません。
      なぜなら、コーナーが存在しないからです(笑)

      地力勝負レースというか、不器用な馬が存分に力を発揮できる舞台じゃないかと思ってます。
      ただ、これを語り出したらとんでもなく長文になってしまうので、サスガにここで書くのは無理ですが、簡単に言うと、不器用だからこそ、芝のコーナーのあるコースで凡走を繰り返して人気が下がって、この舞台で好走して穴を開けるという構図です。
      新潟1000m戦は、深く研究したら色んな発見があると思うので楽しそうですけど、そこまでやるにしてはレース数が少なすぎて・・・(笑)

  4. サカタ より:

    それは新発見!!!
    ちょっと自分なりに予想を立てて馬券を買ってみようとおもいますwww
    不器用な馬という概念!かなり興味深いですねwww
    今回のアイビスは楽しめそうですwww

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      大きい馬とかダート馬が穴を開けることが多いですよね?

  5. サカタケンジ より:

    確かに(´・_・`)
    何年前だったか、人気薄のパドトロワがそうでしたね?
    たしか、520〜30㌔位だったような?
    あのレースはアフォードから買って痛い目に遭いましたっ涙

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)